メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

上西祐理、川上恵莉子、村上雅士によるJAGDA新人賞展、始まる

share

毎年、日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)による年鑑『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に贈られる「JAGDA新人賞」。この賞は1983年来、デザイナーの登竜門として、いまや第一線で活躍する101名のデザイナーを輩出。デザイン・広告関係者の注目を集めている。

34回目となる今年は、新人賞対象者169名の中から厳正な選考の結果、上西祐理(電通)、川上恵莉子(DRAFT)、村上雅士(emuni)の3名が選ばれた。3名の受賞作品および近作を紹介する「JAGDA新人賞展2016 上西祐理・川上恵莉子・村上雅士」が、6月7日よりクリエイションギャラリーG8で開催される。

本展では、「世界卓球 2015」、「森永製菓 太田雄貴杯」などのポスターを制作した上西、丸松製茶場「san grams」のブランディング、D-BROSのカレンダーなどを手がける川上、そして「THE ROASTERS AND THE STAND」のパッケージ、個展告知ポスター「LOADING」などを制作する村上という、個性が際立つ3名のポスター、小型グラフィックを中心に展示が行なわれる。

会期中の6月27日にはトークショーを開催。受賞者3名に加え、服部一成さんが登壇する(要予約)。

なお、本展は東京での開催後、平和紙業 ペーパーボイス大阪(7月8日夜にプレイベント予定)ほか、滋賀、新潟、愛知、静岡の巡回を予定している。

JAGDA新人賞展2016 上西祐理・川上恵莉子・村上雅士

開催日時:開催中、7月1日まで。
場所:クリエイションギャラリーG8
時間:11時~19時
休館:日曜・祝日
入場無料


「日本グラフィックデザイナー協会」に関連する記事はこちら

Follow Us