メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

歴史ある街に先進的な新拠点が誕生「紀尾井カンファレンス」、7月1日にオープン

share

tgt-1
東京メトロ永田町駅直結、赤坂見附駅からは徒歩1分という圧倒的なアクセスの良さを誇り、会議やセミナー、パーティなど多様なニーズに応じた利用ができる施設として、7月1日にオープンした「紀尾井カンファレンス」。東京都心の新たなカンファレンス拠点の魅力について、担当者に話を聞いた。

古き良き時代感を残しつつ、ビルとしての先進性を追求

tgt-4

(右)西武プロパティーズ ビル運営部 シニアマネジャー 鈴木昌勝氏
(左)日本コンベンションサービス まちづくり事業推進部 部長 大和田雅人氏

「品と、格と、未来と。」をキーメッセージに掲げ、オフィスやレジデンス、商業施設などを備える複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」。「赤プリ」の愛称で親しまれたグランドプリンスホテル赤坂の跡地を再開発し、2016年5月より一部先行開業している。

今秋にはオフィス棟にヤフーの本社が移転するとあって、メディアからの注目度も高い。

商業施設は33店舗。そのうち3分の2を飲食店が占め、新たなグルメスポットとしても定着を予感させる。また長い歴史を持つ紀尾井町ならではの魅力を発信しようと、各フロアに歴史にちなんだ名前をつけ、建物自体に歴史を散りばめる工夫を凝らしている。

同施設を手掛ける西武プロパティーズの鈴木昌勝ビル運営部シニアマネジャーが「目指すのは、地元に溶け込み、さまざまな方が気軽に立ち寄れる施設。だからこそ、再開発において最も苦労したのは、憩いの場にもなる緑をどれだけ残すかということだった」と語るが、バスの発着所やタクシー乗り場、駐車場などをすべて地下にしたことで、敷地内の45%が緑地に。

古き良き時代感を残しつつ、ヤフー本社の誘致に象徴されるように、ビルとしての先進性を追求した。

「地元からの期待も高い。歴史ある場所に最新の施設をつくったからこそ、多くの人にとっての新たなランドマークになりたい」(鈴木氏)。

次ページ 「未来のプランを描く場である会議高機能と心地よさを両立した空間で」へ続く

お問い合せ
日本コンベンションサービス株式会社
http://conference.tgt-kioicho.jp
TEL:03-3503-6077
E-mail:tgt-conference@convention.co.jp

Follow Us