メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

「自律型挑戦大賞」で生みだす企業変革

share

ローソンは、2015年度に社内表彰制度を刷新し「自律型挑戦大賞」を創設した。社員が自ら考え行動した成果を表彰することで、新たに策定した企業ビジョンや行動指針の実現を後押しする考えだ。インナーコミュニケーションサポート企業のゼロインの協力を得て事務局をリードした、人事本部の児島聡氏に聞いた。

「自律型挑戦大賞は、職場におけるちょっとした工夫によって大きな効果が得られた事例や、誰もが気付いているはずなのになかなか改善されなかった業務効率化の取り組みなど、自発的なチャレンジを奨励する制度です。約3700人のローソン全社員がエントリー可能で、1次、2次審査を通過し役員プレゼン審査を経て決まった優秀事例については、全社員参加の事業方針確認会の席上で表彰を受けるとともに、チャレンジ内容を発表する場が設けられています」(児島聡氏)。

同賞がスタートした背景には、ローソンの企業文化を変革するというトップの強い意志がある。「今後、社会の変化に対応するには、ローソンがお客さまや地域にとって“なくてはならない存在” になることが不可欠。そこで『1000日全員実行プロジェクト』と銘打ち、2016年度から3年かけて、社員一人ひとりがより自律的に行動できる人材に変化することを目指しています。大賞は、こうしたビジョンにもとづくメッセージを全社員に伝えるための重要なツールとして位置付けています。審査基準は、ちょうどそのときに制定を検討していた、新しい企業ビジョンと行動指針に沿うようにしました」。

2015年11月に締め切ったプレエントリーの応募総数は321件。過去2年間に開いた同様の社内公募表彰に比べ、3倍強になった。1チームの平均メンバーは3人、単純計算で計1000人程度の社員が参加したことになる。応募事例はこの後、1次審査を経て本エントリーへ。12月には2次審査を通過した事例が本部長の推薦を受けてファイナリストとなる。翌年1月には社員投票と役員による最終審査が控えていた(下図参照)。

次ページ 「“自分ごと化”促す工夫随所に」へ続く


お問い合わせ
株式会社ゼロイン
http://www.zeroin.co.jp/
〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-12 銀座メディカルビル4階
TEL: 03-5537-5553
E-mail: info@zeroin.co.jp

Follow Us