メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

谷尻誠、落合陽一、坂本美雨ら参加、二子玉川で3日間にわたるアートフェスティバル開催

share

東京・⼆⼦⽟川駅周辺のエリアを舞台にしたアートフェスティバル「TOKYO ART FLOW 00」が、7⽉29⽇(⾦)〜7⽉31⽇(⽇)に開催される。

本展は二子玉川を舞台に、世界水準の文化情報発信をめざし、継続的に発展させるアートフェスティバル。東京急⾏電鉄、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、⽟川髙島屋S・C、 楽天の4社が発起企業となり、⼆⼦⽟川地域に関わる企業、地域、⼤学、⾏政などが参画する実⾏委員会を発⾜。実行委員長は多摩美術大学学長の建畠晢氏が務め、アートプロデュースをスパイラル/ワコールアートセンターが⾏っている。初年度となる今年は、「Humanʼs natureー⼈間の⾃然」がテーマ。

ラング&バウマン「Beautiful Bridge #2」©️Lang & Baumann & TOKYO ART FLOW 00 All Rights Reserved

Air Stone SUPPOSE DESIGN OFFICE 谷尻誠+吉田愛

夜景プロジェクト−マゼンタナイト−「この鐘を鳴らすのはあなた」髙橋匡太

二子玉川探景車 目

メイン会場は、多摩川河川敷。ここではスイスのアーティスト ラング&バウマンによる国道246号の橋脚を利⽤したパブリックインスタレーション「Beautiful Bridge #2」、SUPPOSE DESIGN OFFICE ⾕尻誠+吉⽥愛による透明な球体につつまれたリビングを表現した作品「Air Stone」、映画上映 を⾏う「246シアター」などが展開される。

その他の会場では、坂本美⾬+CANTUSによるうたのインスタレーション「うたうまち」や 1000万円あったら何を買うをテーマにビジネスリーダーたちの欲しいアート作品を集めた アートフェア「10MILLIONS」。商業施設や街路をはじめとする夜の⾵景をマゼンダカラーで染めていく髙橋匡太による「夜景プロジェクト–マゼンタナイト–」など、3⽇間にわたり、街全体を巻き込みながらさまざまなプログラムを展開する。

初日にオープニングトークが行われるほか、30日には河川敷でたき火を囲んで各ジャンルのプロフェッショナルなゲストと対話する「キャンプファイヤートーク」も実施。こちらには、紫牟田伸子, 山中俊治, 落合陽一, 御徒町凧, 佐内正史, 清田益章, 宇川直宏が参加する(要・事前申し込み)。

本年度は第0回として、第1回となる2017年度まで見据えたプロジェクトとして展開していく考え。

TOKYO ART FLOW 00

開催日時:
7月29日(⾦)12:00~23:00
7⽉30日(土)10:00~23:00
7⽉31日(日)10:00~20:00
※一部作品は終夜展示/雨天時、一部縮小実施。

会場:多摩川河川敷、玉川高島屋S・C、二子玉川ライズなど二子玉川駅周辺

Follow Us