三ツ矢サイダー、新たなコピーを軸にコミュニケーション戦略を刷新

share

アサヒ飲料は、炭酸飲料「三ツ矢サイダー」のテレビCM「渓流」編を、7月から全国で放映している。

CMの舞台は渓流。福士蒼汰さん、高田純次さん、芳根京子さんの3人が“日本の家族”として登場する。家族が自然の中であそぶ爽やかなシーンを切り取ることで、今年新たに設定したメインコピー「日本の澄みきったサイダー。」の世界観を表現した。

日本の夏らしさを感じる風景の中で家族3人が仲良く並び、「三ツ矢サイダー」を飲む姿が印象的なCMとなっている。

「2016年3月からスタートしたこのCMシリーズでは、家族の澄みきった心を描き、『日本の澄みきったサイダー。』というメインコピーの世界観を表現することを目指しました。特に今回の『渓流』篇は夏にオンエアするCMのため、渓流を舞台に、日本の夏らしさや炭酸らしいシズル感を表現しています」と担当者は話す。

三ツ矢サイダーは発売から130年以上の歴史を持つブランド。今年のコミュニケーション活動にあたっては、「三ツ矢ならではの価値」と改めて向き合い、コンセプトを設定しているという。幅広い世代から支持され、愛され続ける国民的炭酸飲料であるために、三ツ矢サイダーの独自性である「ピュアな品質」(水へのこだわり)と「日本生まれの炭酸」であることをすべてのコミュニケーションのベースに置いている。

長い歴史を持つからこそ、その過程には顧客層の変化が伴う。しかし、コミュニケーションターゲットは特定の層に限定せず、一貫して幅広い層を対象としてきた。「三ツ矢サイダーは、いつの時代も日本中で幅広い世代の方にお飲みいただいています。メディア特性に応じて、特定の世代に特化したコミュニケーションを行うこともありますが、どなたにも安心して飲んでいただける三ツ矢サイダーの品質についてお伝えする取り組みは、2004年以降続けています」(同)。

その中で、今年はコミュニケーションフレームを一新。「日本の澄みきったサイダー。」というコピーを新たに設定し、ブランドの出自である「日本」を意識したコミュニケーションを設計、三ツ矢サイダーのこだわりである「品質」の訴求にも例年以上に力を入れたという。

「日本で生まれ、日本人に愛され続ける炭酸飲料として、守り続ける部分は今後もしっかりと守りながら、お客さまに新しいニュースをお届けできるように、三ツ矢らしい挑戦を続けていきたいと考えています」(同)と話した。

スタッフリスト

企画制作
螢光 TOKYO+博報堂+AOI Pro.
AE
井上健、小柳栄一郎、長野沙紀、金杉聡
CD
木村透、前田康二、青木孝博
プランナー
前田康二、青木孝博
C
木村透、青木孝博
AD
関友和
PR
山崎隆之、陽智史
PM
平谷泰蔵
演出
岩井克之
撮影
米田要
照明
武藤要一
美術
延賀亮
HM+ST
高橋幸一、鍋田由美、池田真希
音楽制作
Ongakushitsu Inc.
音楽制作PR
福島節
作詞+作曲+歌
永野亮

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us