「DELISH KITCHEN」で話題! 急成長中のエブリー、躍進の秘訣とは?

share

創業からわずか1年足らずで、4カテゴリで動画メディアを次々と立ち上げ、FacebookやInstagramを始めとするプラットフォームでファンを増やしている「エブリー」。若者向けのメディアが乱立し、情報が溢れる今の時代に“コンテンツで選ばれるメディア”をつくる秘訣とは。

20代の感性でつくる動画がユーザーから支持

分散型動画メディアで人気の動画ブランドを次々リリース

株式会社エブリー 代表取締役 吉田大成氏

株式会社エブリー
代表取締役 吉田大成氏

スマホの浸透でついに本格化した動画市場。この動画に着目し、2015年9月の創業以降、急成長している企業がある。料理動画メディア「DELISH KITCHEN」や女性ライフスタイル動画メディア「KALOS」をはじめとして、複数のメディアブランドを運営するエブリーだ。

エブリーは各メディアの自社Webサイトを持たず、FacebookやInstagramなどの外部プラットフォームを通じて動画コンテンツを配信する「分散型」の動画メディア。全メディアの合計リーチ数は、3000万UUを超えるなど、すでに多くのユーザーが集まっているプラットフォームを利用し、惹きのあるコンテンツを次々と配信してファンを集めてきた。


代表取締役の?田大成氏は、かつてグリーでSNSサービス開発・ゲーム開発に携わり、多くのヒットサービスを手掛けた人物。そんな?田氏が昨年動画に特化したメディアを立ち上げたのは「『動画を通じてもっと楽しく、もっと充実した毎日に』をミッションにユーザーのライフスタイルがより良くなる。そんなメディアをつくって大きく市場を変えてみたい」と思ったからだという。

「私がグリーに入社したのは2006年。それまでのゲーム業界は、ゲーム専用機がなければゲームで遊ぶことができない時代でした。それが携帯電話の普及、通信スピードの改善に伴い、“一人一台ネットにつながる”時代になったことで、いつでもどこでも自分が好きなゲームを、インターネットを通じて遊ぶことができるようになった。ゲームの楽しみ方も長時間ガッツリ遊ぶスタイルだけでなく、1分前後のすきま時間を利用して遊べるようなゲームモデルが生まれたことで、新たなゲーム利用時間が生まれ市場が大きく伸びていった。私自身がグリーで、その成長を体感しました。この現象は、いまゲーム以外のコンテンツにも広がっています。そこで着目したのが動画でした」と?田氏は語る。

テレビ番組と同じ30分や1時間という長尺ではなく、スマホの利用動向に合わせた1分前後の動画視聴時間を生み出すことにより、新たな動画市場が広がっていく。また、ブラウザの利用がメインだったPCとは異なり、スマホの1日の利用時間の約90%はアプリを利用しており、その大半はFacebookやInstagramなどSNSアプリ。

だからこそ、自らがプラットフォーマーを目指すのではなく、より多くの人が利用するプラットフォームに動画コンテンツを配信する。そしてプラットフォームは時代とともに栄枯衰退があるなかでも、常にユーザーから選ばれ続ける動画コンテンツ、そしてブランドをつくることを重視しているのだ。

次ページ 「レシピ開発から撮影までコンテンツは全て自社で制作」へ続く



お問い合せ
株式会社エブリー
〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル4F
電話番号:03-6434-5143
URL:https://corp.every.tv/
E-mail:info@every.tv

Follow Us