メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

汎用性のある新しい素材でつくるこれまでにないプロダクト

share

繊細に施されたレースのクッション。その中にあるのは空気のみである。デザインと構造が一体化したこのプロダクトを制作したのは、デザインスタジオ YOY。柔らかいウレタン樹脂『STABiO®(スタビオ®)』の特性を生かし、空っぽのクッション「LACE」を完成させた。

「LACE」

構造とデザインの一体化から生まれる形

僕たちYOYは自分たちのアイデアから生まれたプロダクトが世の中に広くいきわたり、手にしてもらうことを目指しています。それゆえにプロダクトには汎用性のある素材を使うようにしています。そこで、今回僕らが選んだ素材は光で劣化しない弾力性のあるウレタン樹脂『STABiO®』です。黄変しない特長から、透明や白い状態で表面に使用することができます。

一般に樹脂は堅いものと認識されていますが、この柔らかさや弾力性を生かし、柔らかい家具をつくろうと考えました。ほぼ同時に、中が空洞のクッションのイメージが浮かびました。レース編みのクッションのように見えるけれど、あれ、中には何もない…でも、クッションとしての弾力性を持っている。思いついたものの、どういう構造にすれば成立するものなのか、当初はさっぱりわかりませんでした。唯一わかっていたのは、素材と構造とデザインが一体化したものでなければ成り立たたないだろうということでした。

制作過程のモックアップ。

モックアップを試作し、三井化学さんに構造計算をしてもらい、手編みのレースをモチーフとした構造体をつくりました。そこからは樹脂の硬度、厚み、構造、さらには表面のデザインの調整の繰り返しでした。テクスチャーを生かしたかったのでレースの糸を表現すべく、自分たちで細かくモデリングし、試作用の型をつくりました。最終的に型抜きしたものをつなぎあわせ、ようやく空っぽのクッションができあがりました。

素材についての知識は、経験でしか得られません。特に今回は素材について知見の深い三井化学さんと一緒に制作したことで、僕らだけでは解決できない課題も乗り越えることができたし、新たな知見を得ることもできました。今後は現状の課題を洗い出し、将来的には量産化できるようブラッシュアップを図りたいと考えています。

左から、YOY作品「CANVAS」、「LIGHT」、「PEEL」
今月使った素材について

三井化学が世界で初めて開発したポリウレタン材料「STABiO®」は、従来のポリウレタン材料にはない多くの特性を有し、硬いものから柔らかいものまで、幅広い機能や触感を提供できます。

塗料に使用すると、ちょっとした表面のキズなら復元しますし、強い薬品が付くと劣化する従来塗料の課題をクリアできます。ゲルにすると、シリコーンとは違う独特の柔らかさがあり、新しい質感を求める用途での開発が進んでいます。

そして、植物由来であるため、環境にやさしい特徴も見逃せません。三井化学が永年にわたり培ってきた有機合成技術で実現した「STABiO®」が作り出す未来にご期待ください。(三井化学)

YOY / デザインスタジオ

YOY(ヨイ)は、空間デザイナーの小野直紀(左)とプロダクトデザイナーの山本侑樹(右)により2011 年に設立されたデザインスタジオ。空間と物の間にあるデザインをテーマに作品を制作。その作品は、MoMAをはじめ世界中で販売され、国内外で多数のアワードを受賞している。2015年より武蔵野美術大学非常勤講師。2016年4月に、ミラノで個展を開催。


スタッフリスト

D
小野直紀、山本侑樹
撮影
古川泰子

 

Follow Us