JR SKISKI 第5弾は「ゲレンデで恋する奥手なヒロイン」に原点回帰

share

スキー旅行商品のプロモーションを目的に、東日本旅客鉄道(JR東日本)が毎年展開している若年層向けキャンペーン「JR SKISKI」が、今年も12月1日にスタートした。

1日に放映がスタートしたテレビCM「JR SKISKI 目線」篇。毎年、人気アーティストとコラボレーションしたCM楽曲も話題化の要素となっており、2012年はGReeeeN、2013年はSEKAI NO OWARI、2014年はback number、2015年はMAN WITH A MISSION、そして今年はロックバンド[Alexandros]が書き下ろした「SNOW SOUND」を使用している。

「雪」にまつわるコピーを掲げ、注目高まる若手女優をイメージキャラクターに起用して展開する恒例のキャンペーンは、今年で5年目を迎えた。

「青春は、純白だ。」のコピーで女優・モデルの本田翼さんを起用した2012年、「ぜんぶ雪のせいだ。」のコピーで女優の川口春奈さんを起用した2013年、「答えは雪に聞け。」のコピーで女優の広瀬すずさんを起用した2014年、「そこに雪はあるか。」のコピーで女優の山本舞香さん・平祐奈さんのWキャストとした2015年。

今年のコピーは「冬が胸にきた。」、イメージキャラクターには2014年に「岡山美少女・美人コンテスト」でグランプリを受賞し、“岡山の奇跡”との呼び名で注目される女優・桜井日奈子さんが起用された。

イメージキャラクターは“岡山の奇跡”、桜井日奈子さん。コピーは「冬が胸にきた。」。毎年コピーにも注目が集まり、2013年には豪雪で交通機関が麻痺したことを指して「ぜんぶ雪のせいだ。」とSNSに投稿する人が多数見受けられた。

昨年はダブルキャストかつ、女の子同士の友情もテーマとし、例年の路線を少し離れた形となっていたが、今年は原点回帰。ゲレンデで恋をするヒロインの、等身大の恋愛模様を描く“王道路線”をとった。

テレビCMと駅貼りポスターに加え、今年は赤城乳業のアイスキャンディー「ガリガリ君」の妹「ガリ子ちゃん」とのコラボレーションを実施している。対象となる6つのスキー場で非売品のオリジナルパッケージアイス「ガリ子ちゃん 胸にくるキッス味」を配布するサンプリングを行うほか、期間中に「びゅうスキー&スノーボード商品」を購入した先着1 万人に特製トランプを配布する。商品購入者は、オリジナルのスノーボード「アタリボー」やスキー板「アタリ板」が抽選で10人に当たるプレゼント企画にも参加できる。なお、ガリ子ちゃんは、11月中からJRの駅構内に掲出されていたティザー広告にも登場していた。

また、訪日外国人観光客向けのプロモーションにも力を入れる。海外旅行博覧会におけるスキー商品のプロモーションや、SNSでの情報発信、デジタルサイネージを活用した情報発信を行っていくとしている。

スタッフリスト

※CM=テレビCM、GR=グラフィック
企画制作
ジェイアール東日本企画+TYO Camp KAZ(CM)+MOZU(GR)
CD+C
山口広輝
AD
武山範洋
AE
太田喜郎、脇谷将史、井上梨奈
企画+演出
吉村瞳
企画
押川恵里子、中谷日出子、谷島康葉
PR
齋藤雅隆(CM)、里岡正大(GR)
PM
多田羅雄大
撮影
市橋織江(CM)、鈴木心(GR)
照明
崎本拓哉
ST
相澤樹
HM
MAKI、間篠美歩
CAS
高梨智美、大岩蘭、安部進
出演
桜井日奈子
海外プロダクション
山口晋、小河倫子、小澤みぎわ
音楽
内山雄介
編集
岡田久美(オフライン)、山崎祐資(オンライン)
CG
牧田聡
MIX
川村知嗣

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us