世界で存在感を高めている「LinkedIn広告」、日本企業はどのように使える?

share

ビジネス向けプラットフォーム「LinkedIn」が日本での営業活動を強化している。2016年11月にはLinkedInの運用型広告を解説したWebサイト「LinkedInマーケティングソリューションズ」をオープンし、積極的な情報発信を始めた。そこで今回は、LinkedInで東南アジア・北アジア、および日本地区の責任者を務めるアサーフ・タノポルスキ氏に、LinkedInの広告プラットフォームとしての強みや、今後の日本での展開について聞いた。

LinkedIn Market Solutionsディレクター(東南アジア、北アジア、日本) アサーフ・タノポルスキ氏

—LinkedInは現在、世界でどのぐらい活用されているのでしょうか?

LinkedIn。200を超える国と地域で4億6700万人が利用している。

LinkedInは世界最大のビジネスネットワークとして、200を超える国と地域で4億6700万人が利用しています。この数字は日々、増え続けており、1秒間に2人以上というペースで新しいユーザーが新規に登録をしています。中でも、アジア太平洋地域の成長率は高く、現在では1億500万人のユーザーが登録しています。

LinkedInはこのような巨大なプラットフォームを構築することによって、B2Bビジネスを行うマーケターにとっては欠かせない存在となっているのです。

— FacebookやTwitterといった他のプラットフォームにはないLinkedIn独自の強みは何でしょうか?

LinkedInの最大の特徴は、ビジネスに特化したネットワークとコンテンツプラットフォームであるという点でしょう。ユーザーの多くは、それぞれのビジネス領域において成功を得るために、LinkedIn上で同僚とつながったり、自分が所属する分野のユーザーをフォローしたりして、最新の市場トレンドをフォローしているのです。

そして彼らは勤務先、学歴、取引先など、ビジネス上で重要になる情報をLinkedInで公開しています。新規会員登録を行う際、他プラットフォームでは必要情報が比較的自由である反面、信頼性やプロフェッショナル性を欠いた情報を登録しているのですが、LinkedInでは他人から見た自分の姿をより洗練されたものにしようと努めるため、正しい情報が登録されます。このように我々はユーザー自身が登録した「推測ではないデータ」を多数保有しているため、広告プラットフォームとして企業が顧客と結びつく上で強力な手法となるのです。

—“B2Bビジネスを行う企業”にとって、LinkedInがより効果的なプラットフォームということでしょうか?

その通りですね、例えばクラウドコンピューティングサービスの認知度向上を目指しているマーケターにとってはかなり理想的なプラットフォームと言えるでしょう。ただし、B2Bビジネス以外にも、もちろん活用できます。

ある航空会社は収益性の高い商品であるファーストクラスやビジネスクラスの航空券を販売するためにLinkedInでキャンペーンを行いました。ユーザーの属性情報をもとに、ビジネス出張が多く、また、使用する予算の決裁権を持つ人を特定したのです。このように、ビジネスパーソンをターゲットにしたキャンペーンでも成果をあげることができるでしょう。

—日本企業は、どのようにLinkedInを活用できますか?

日本のマーケターがLinkedInを活用する目的も、他国と同じです。つまり、自社の商品やサービスと関連性の高いターゲットに対してマーケティングを行うということです。すでに、グローバル展開の推進を目指す、様々な企業がLinkedInで大きな成果をあげています。

日本を代表する大手電機メーカーでは、海外市場での認知度向上を目指して、LinkedInを活用しています。登録会員の属性情報をもとにターゲットへの広告展開でフォロワーを獲得し、さらに自社のCRMとも連動させて積極的な情報発信を行っています。まさしく先進的な手法ですね。

—LinkedInには具体的に、どのような広告商品がありますか? おすすめの商品を教えてください。

多くのプラットフォームと同様に、多様な広告ソリューションを取り揃えています。私個人としては、インフィード広告「Sponsored Content」が最も重要な広告商品だと考えています。

インフィード広告「Sponsored Content」。

PC、モバイル、タブレットのニュースフィードに広告を表示できる商品で、企業のオウンドメディアに掲載されているコンテンツなどを拡散させることができます。ユーザーの地域、職種、業界などさまざまな特性をもとにターゲティングが可能で、最適な顧客に向けてメッセージが発信できるでしょう。

さらには、「Sponsored InMail」という、ユーザーのLinkedInメールボックスにメッセージを届ける広告商品もあります。この商品の最大の特徴は、顧客と直接対話ができるという点で、多くの広告主が、密に考え抜かれたコンテンツやイベントの招待などを送り、成功を収めています。


詳細:LinkedInマーケティングソリューションズ

米国の広告主企業は、これらLinkedInの広告によって平均で6.1%のコンバージョンを達成しています。Google検索におけるB2B企業の平均コンバージョン率は2.58%になり、LinkedInの広告主企業は世界的にみてこれよりも良い結果を出しています(詳細はこちら)。

次ページ 「日本のマーケターへのメッセージ」へ続く



お問い合わせ
LinkedInマーケティングソリューションズ

https://business.linkedin.com/marketing-solutions/c/16/japanese-marketer

Follow Us