メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

D&AD賞、2016年度最高賞受賞の居山氏ほか日本からの審査員が決定

share

英国・ロンドンに本部を置く非営利団体「D&AD(Design and Art Direction)」によるD&AD賞。その審査の厳しさで定評があり、世界中のクリエーターが憧れる最高峰のクリエーティブ賞として知られる。

2017年はこれまでとやり方を変えて、レクチャーなどイベントのすべてを統合したD&ADフェスティバルを4月25~27日に実施。授賞式を4月27日に予定している。

本賞の各部門に日本から参加する審査員が決定した。

  • グラフィックデザイン部門 平林奈緒美 (plug-in graphic)
  • 空間&体験デザイン部門 居山浩二(iyamadesign inc.)
  • プロダクトデザイン部門 石川俊佑(IDEO Tokyo)
  • デジタルデザイン部門 菅野薫(電通
  • 広告/クラフト部門:上西祐理(電通)
  • ブランデッドフィルムコンテンツ&エンターテインメント部門:アジャブ・サムライ(オグルヴィー&メイザー ジャパン)

平林奈緒美 (plug-in graphic)

居山浩二(iyamadesign inc.)

石川俊佑(IDEO Tokyo)

菅野薫(電通)

上西祐理(電通)

アジャブ・サムライ(オグルヴィー&メイザー ジャパン)

その他、数名が日本より審査員として参加予定だ。

D&ADでは、2017年度D&ADプロフェッショナル・アワードのエントリー早割(10%オフ)を現在受付中。こちらは12月末までが期限となる。年内にエントリーを希望する人は、日本事務局へメール後、専用コードを発行してもらう。

最終エントリー締切は、2017年2月17日。
※日本語での問合せ先:D&AD日本事務局 古屋(こや)kotoko.koya@dandad.org


「D&AD賞」に関連する記事はこちら

Follow Us