お父さん、今度は自宅の地下を掘って崩落!? — リフォームステーションの新テレビCM

share

住宅のリフォームを専門に扱うリフォームステーションは5月26日より、新テレビCM「地下室」篇の放映を開始した。

前作の「重要な柱」篇では、リビングの中央に立つ柱を切り倒し、家ごと壊してしまったお父さん。今回の「地下室」篇では、地下に書斎をつくろうと掘削を進める。「本当に大丈夫なの?」「絶対にやばいって!」という家族の忠告もよそに掘り進めた結果、家の下を走る地下鉄に通じてしまうという内容だ。

「地下室」篇

制作を担当した電通 関西支社のCMプランナー 皇甫相太(こうほ・そうた)さんは、「前作でCMデビューしたリフォームステーションの社名・ブランドを、さらに定着化・定番化することが第2弾CMの目的です。出演者、家族設定、テーマ曲を継続しながらも、第1弾を超えるインパクトある表現に挑戦し、CMラストの社名訴求も主人公の断末魔の叫びで、より印象強く残る演出にしています」とコメントしている。

ディレクターを務めた神谷佳成さんがこだわったポイントは、崩落していく穴にお父さんが落ちていくシーン。スコップが刺さって穴が崩落するカットの撮影では、一旦カメラを回し始めたものの、リアリティにこだわるあまり、2時間以上かけてセットを作り直したという。

スタッフリスト

○広告会社
電通 関西支社
○制作会社
電通クリエーティブX
○CD+企画
皇甫相太
○企画+C
廣瀬泰三
○企画
井ノ上洋明
○SCD
田中義一
○AD
越智健博
○PR
寒河江啓之
○PM
柴恒一
○演出
神谷佳成
○撮影
阿藤正一
○照明
藤井稔恭
○美術
秋葉悦子
○編集
岡本博一、小野秀一
○音楽
坂口雄一
○ST
柚木一樹
○HM
高橋精
○CAS
秋山和彦
○NA
渡辺力
○出演
トクナガクニハル、赤間麻里子、花坂椎南

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us