「シンプルかつ和の精神で」東京五輪・総合演出に野村萬斎氏、山崎貴氏・佐々木宏氏が各式典を担当

share

東京五輪組織委員会は7月30日、2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の企画演出の実施体制を発表。

31日に、東京2020総合演出を務めるチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター 野村萬斎氏(狂言師/能楽師/演出家)、オリンピック担当のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター 山崎貴氏(映画監督)、パラリンピック担当のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター 佐々木宏氏(クリエ−ティブディレクター)、東京2020組織委員会チーフ・セレモニー・オフィサー 中井元氏による記者発表を行った。

昨年12月に、「東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム」が設置され、「平和」「共生」「復興」「未来」「日本・東京」「アスリート」「参画」「ワクワク感・ドキドキ感」という8つの「東京2020大会開会式・閉会式に関する基本コンセプト」に基づき、基本プランとして4式典を貫くメッセージと各式典のそれぞれのメッセージについて検討を進めてきた。

その中で野村氏が提案したコンセプトに、チームメンバーが賛同。自然な流れの中で野村氏が総合演出を担うことになり、今後それらを具体化していくフェーズを迎えたという。

左から山崎貴氏、野村萬斎氏、佐々木宏氏。

野村氏は総合演出を務めるにあたり、「シンプルかつ和の精神で臨みたい。オリンピック・パラリンピック開催する意義、精神に立ち返り、日本という国、そして日本人がそれらを咀嚼した上で、日本らしくもありワールドワイドに通じるメッセージ性を持った式典にしたい。表面的な日本より、精神として内在する日本人の心の有りようや優しさを世界に発信することで、オリンピック・パラリンピックの精神をうたいあげていければ」と話した。

野村氏が提案したコンセプトの詳細は明かされていないが、山崎氏は「萬斎さんが出したのは、表面的かつ多層レイヤーで捉えられたコンセプト。ありきたりの言葉ではない意外な言葉で、そこに深みを感じた」と話している。

「伝統から最先端まで、日本には機知に富んだ手法や発想があり、さまざまなコンテンツがある。それらをただ食い散らかすのではなく、その多様性を楽しんでもらえるものにしたい。特に聖火リレー、聖火台の部分はまさに演出の肝になるので、必然性のあるものにしなくてはいけないと考えている」と、野村氏。

東京五輪ではオリンピック終了後、パラリンピックが2020年8月25日から開催される。そのため、パラリンピックを担当する佐々木氏は「オリンピックが終わったら終わりとなりがちだが、東京五輪では、パラリンピックでもうひと盛り上がりさせたい。パラリンピックの式典では何かすごいことをやるらしいぞ、という予告をさせてもらいます」と、思いを語った。

また、昨今の猛暑や豪雨など気候の影響について、屋根のない会場ゆえに演出でカバーできることはないかなど、現時点で議論を重ねていることを中井氏は明かした。開催までの2年の間に、対策を講じる考えだ。

なお、東京五輪4式典においては上記の三氏のほか、東京2020総合チームメンバーとして、川村元気氏(映画プロデューサー・小説家)、栗栖良依氏(クリエーティブプロデューサー/クリエーティブディレクター)、椎名林檎氏(演出家・音楽家)、菅野薫氏(クリエーティブディレクター/クリエーティブテクノロジスト)、MIKIKO氏(演出振付家)が演出企画に参画。今後、企画に応じてさまざまな人材をチームに入れていく予定だ。 

Follow Us