新しいエディター像をここから発信する — CONNECTION

share

【関連記事】「混沌とする映像の世界を現場からアップデートする — CONNECTION」はこちら

エディター座談会

ディレクターとエディターが共に所属し、映像制作を進めるCONNECTION。オフラインエディター、VFXアーティストのメンバー6名に、CONNECTIONでの映像制作に期待することを聞いた。

左から、アートディレクター/CG VFX スーパーバイザー 福岡二隆さん、エディター 浅見恭平さん、格内俊輔さん、エディター 餌取志保さん、エディター/映像ディレクター 本田吉孝さん、VFXアーティスト/オンラインエディター 中村貴則さん。

“編集の未来”のビジョンに共鳴して集まった

—皆さんはなぜCONNECTIONに入ったんですか?

浅見:僕は元々ポストプロダクション(ポスプロ)にいて、会社を辞めて一度イギリスに行ったんです。その後日本でフリーをしていた時に話を聞き、タイミングもよかったし、メンバーも面白そうだと感じて決めました。

格内:僕もポスプロに8年いてフリーになりました。マネジメントから実作業、お金の交渉まで全部自分でやる中で、「新しいことやるからどう?」と連絡をもらって。賛成する部分も反対する部分もありましたが、ここならやりたいことが実現できると参加しました。新しいマネジメントの方法やポスプロのアイデアを日々提案しています。

餌取:フリーでやっていると、技術が向上しないのが課題で。その時に柿本さんから編集の未来の技術について提案を受けて、それをチームで検証できたらと思って。それにCGの方やオンラインエディターの方に相談できる環境もいいと感じました。

本田:僕はテレビのADから始まって、テレビ番組やMVのオンライン編集、CMのオフライン編集やテレビドラマ、映画の編集へと仕事が広がったのですが、こういう何でもやるエディターって他にはいないんです。同じ職種なのに妙に壁があるのが疑問で。異なるスキルを教え合えれば面白いのに、「CMの人たちはおしゃれ」「特撮のやつは泥臭い」みたいな感じで仲が悪いんですよ!それが悔しくて。CONNECTIONのような、色んなスキルを持った人がいる場はいいと感じたんです。

中村:僕は16年間ポスプロにいて、2カ月前にフリーになってCONNECTIONに入りました。今年からテレビCMのオンライン運用が始まり、プリント費が収益となっていたポスプロの現状は厳しいです。その中で他社と差別化するために、自社のエディターをブランディングしなければいけないとポスプロは今考えています。僕もそう言われたのですが、ではどうやって?と悩んでいる時に、声をかけられました。「ブランディングなら、CONNECTIONでできる」と。CONNECTIONからはみんなで何かをやろうというエネルギーをすごく感じて、参加を決めました。

本田:僕はフリーに不満はなかったんですが、ここ数年で色々な制作現場の問題を感じる中で、1人より集まって取り組んだ方がいいと思うようになりました。かといって今からポスプロに入るのも違うし、自分で編集室を作ろうかと考えていた時に、CONNECTIONの話を聞いて。

格内:CONNECTIONは会社というより、コミュニティやサロンに近い。ビジョンに共鳴した人が実現のために集まっています。

次ページ 「いい編集ってなんだ?を議論して発信する場にしたい」へ続く

Follow Us