パラ卓球選手の個性の違いを伝える「カタチにとらわれない卓球台」を展示

share

2月8日まで東京・虎ノ門ヒルズ 森タワー2F アトリウムで「カタチにとらわれない卓球台 PARA PINGPONG TABLE展」が始まった。

会場に展示されているのは、3台の「パラ卓球台」だ。通常の長方形の卓球台と異なり、片側の奥行きが長かったり、丸かったり、左側に伸びていたりと、これまでに見たことがない変形卓球台。これはパラ卓球選手が自身の障害と向き合ったときに、卓球台をどのように見て、感じているのかを具現化したものである。

「カタチにとらわれない卓球台 PARA PINGPONG TABLE展」で展示されている3台の卓球台。

パラ卓球協会公式サイトで紹介されている各選手とその個性を表現した卓球台の形

パラ卓球台のアイデア開発、コンセプトデザイン、全体プロデュースを手がけたのは、TBWA\HAKUHODOのチームだ。当初、日本肢体不自由者卓球協会からリブランディングをしたいという相談を受けたことから始まった。ヒアリングを行う中で、パラ卓球の選手がプレーをする時、自身の抱える障がいによって卓球台を違ったカタチに感じていること。そして、それを克服するために、それぞれが独自の戦術を考えて戦っていることを知り、それを多くの人に理解してもらえる卓球台。いわば、それぞれの選手ならではの個性を表現した卓球台を制作するに至ったという。

例えばオープニングイベントに参加した、車イスでプレーする茶田ゆきみ選手の場合。立っている選手と同じ卓球台で試合に挑むと、車椅子の動きに限界があり、手の届く範囲が限られてしまう。特にネット際のボールには手が届かず、「自分のコートがすごく長く感じる」という。それを可視化したのが、「奥行きが長い卓球台」である。実際に長いコート側に立ち、手を伸ばすとネット側のボールには全く手が届かず、茶田選手の抱えている課題を実感することができる。

日本肢体不自由者卓球協会 渉外広報 立石イオタ良二氏は「この卓球台でプレーしてもらうと、パラ卓球選手が日頃、どういうトレーニングをして課題を克服しているのか。それぞれが挑む卓球の難しさ、面白さがわかると思います。またパラ卓球の場合、相手の弱点を突くことが相手選手へのリスペクトになり、それが試合の見所にもなるので、この卓球台を通してそういうことが伝われば」と話す。

TBWA\HAKUHODOのチームは、ナショナルチームのパラ卓球選手20名にヒアリングし、選手それぞれが見える卓球台をスケッチしてもらった。それを元に、QUANTUM プロダクトデザイナーの門田慎太郎氏は、全部で約20種類、各30個ほどのプロトタイプを制作。それを実際に卓球台として仕上げたのは、リオ五輪の公式卓球台を製造した三英だ。天板には五輪でも使われているレジュブルーを使用、素材にもこだわり、リオ五輪と同じ技術で制作されている。

同時に、それぞれの選手たちの描いた卓球台をビジュアルで表現したポスターや制作の過程が分かる動画も制作した。TBWA\HAKUHODOシニアクリエイティブディレクター 浅井雅也氏は「世界中の人がパッと見てわかるアイコンをつくりたかった」と話す。

2018年11月に開催されたイベント「ParaFes」でのお披露目を始め、杉並区の小学校で体験会を行った他、スポーツ庁・鈴木大地長官を訪問し、実際に体験してもらったという。今後は商業施設での体験会他、渋谷区役所新庁舎での展示も予定されている。

パラ卓球アンバサダーである大橋未歩アナウンサーとパラ卓球選手の茶田ゆきみ選手のデモンストレーション。

同展では、「PARA PINGPONG TABLE」3台を始め、ポスターや選手紹介のパネルなどが展示されている。

茶田ゆきみ選手:CHADA MODEL 「奥行きが長い卓球台」

 

岩渕幸洋選手:IWABUCHI MODEL 「左に伸びた卓球台」

 

八木克勝選手:YAGI MODEL 「コートが丸い卓球台」

 

スタッフリスト

広告会社
TBWA\HAKUHODO
製造
山英
製造協力
こま美術
プロダクトデザイン
QUANTUM
グラフィックプロダクション
アマナ
音楽制作
Black Cat White Cat Music
ポストプロダクション
Nomad Tokyo合同会社
Webデザイン
Slowtime Design
 
 

スタッフ

チーフ・クリエイティブ・オフィサー
佐藤カズー
SCD
浅井雅也
AD
木村洋
D
松田健志
C
大石将平
演出+編集
阿部慎利
ExPR
緑川正人
PR
斎藤竜太郎
プロダクトデザイナー
門田慎太郎
PRプランナー
橋本恭輔
モーショングラフィックデザイナー
住吉清隆
撮影(ムービー)
鯉野陽介
サウンドデザイナー
戸村貴臣
撮影
青山たかかず、高梨遼平
シニアグラフィックプロデューサー
伊藤渉
グラフィックプロデューサー
日野裕介
レタッチ
津金卓也
音楽PR
松宮聖也
WebPR
荒井純
オンラインPR
沖野好常
マニファクチュアリングマネージャー
井川慎也

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us