トヨタ、約6万粒の「プチプチ」で動物の保全活動を訴求

share

絶滅動物を題材にドットアートを制作

トヨタ自動車は、同社の環境部が実施している生物多様性の保全活動支援「Toyota Today for Tomorrow Project」を訴求する動画を3月4日からYouTubeトヨタjpチャンネル上で公開している。公開と並行して、3月25日からは東京・名古屋・大阪の主要駅に交通広告(ポスター)が掲出される。

「【6万粒の環境破壊】 動物を、つぶすな。」

 

ポスターには、「絶滅危惧種」をテーマに、6~12歳の子どもたちがクレヨンで書いた手書きイラストが使用された

動画はデルフィスが企画制作を担当した。テーマは、『つぶしてはいけない。生きものたちの未来を。』。動画では、緩衝材「プチプチ」(※)約6万粒を用い、絶滅動物を題材としたドットアートを制作する様子から一変、最後に一気に「プチプチ」が押しつぶされることで動物保全を訴求する内容となっている。
※「プチプチ」は川上産業の緩衝材製品の登録商標。制作は同社製品を使用。

ゼロエミッションに留まらず、地球や社会にプラスを生み出そうという「環境チャレンジ2050」に取り組んでいるトヨタ。今回の動画で訴求した活動は、その一環としてWWFやIUCNと協働している活動になる。

本企画のクリエイティブディレクターを務めたデルフィス 岩本光博氏は、今回の動画について「壮大なチャレンジである『環境チャレンジ2050』に合わせ、広告自体もかつてないチャレンジにしようと考えた結果、巨大『プチプチ』にインクを入れてアートをつくるという企画に。世界最大級のプチプチアートという前例のない企画にあたり、12月からインクの材質から制作にかかる所要期間まで何回も検証を重ねました。ようやく実現した、入魂の作品です」と語った。

動画「【6万粒の環境破壊】 動物を、つぶすな。」
スタッフリスト

企画制作
デルフィス + C3Film
CD+企画+C
岩本光博
PR
田村彦人
PM
小林隼也・奥園遊・森川紘次
演出・撮影・照明
牛島悟郎
美術
眞田美江子
アート制作
金城七恵・投野萌絵・深川夏海・藤原可奈・河原綺・鵜飼夏海・井門琴音
アートアドバイザー
毛利麻衣子
音楽
Sauce81
ミキサー
浜谷智恵美
エディター
朝田洋介
コミュニケーションディレクター
江田浩
クリエイティブコーディネーター
篠一樹
AE
小沢憲一

広告「子どもが描いた絶滅危惧種」
スタッフリスト

企画制作
デルフィス + 博報堂プロダクツ
CD
岩本光博
C
岩本光博
PL
伊藤亮佑
AD
市川学
プロデューサー
桐石雄毅
AE
小沢憲一

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us