草なぎ剛さん主演舞台の脚本・演出を手がけた、中治信博さんらの劇団「満劇」が大阪で新作公演

share

劇団「満員劇場御礼座」(以降、満劇)が、12月5日より大阪・道頓堀ZAZA HOUSEにて新作公演「オトナドリル」を上演する。

「大人ドリル」プロモーションムービー

 

満劇は、関西を拠点に25年にわたり活動する劇団。名もない市民の生活の中で生まれる事件や喜怒哀楽をテーマに、1回の公演で20分程度の短編を5〜6話続けて上演するという独自のスタイルを続けている。

座長は、田中義一さん。そして、キンチョーやサントリー、日清紡などのテレビCMのクリエイティブディレクターとしても知られる、淀川フーヨーハイこと中治信博さん(ワトソン・クリック)をはじめ、あべの金欠ことコピーライター 武尾秀幸さんらを中心に、キンチョウ、グリコなどの日頃目にするテレビCMのプランナー、コピーライター、Webデザイナー、Webライターなど多彩な職種の人たちが役者やスタッフとして参加している。

2019年は、過去の満劇の作品をベースにした戯曲が、草なぎ剛さん主演舞台「家族のはなし PART1」として、京都劇場にて1ヶ月上演。その脚本・演出を中治信博さん、武尾秀幸さんが手がけた。

今回の舞台では、「現代を生きる大人たち」をテーマに、ユーモアあり、アイロニーあり、ファンタジーあり、ハートフルありの6話の短編を上演する。中治さんが演じる人気シリーズ「肯定ペンギンのペンペン」も上演予定だ。

「オトナドリル」

場所:
道頓堀ZAZA HOUSE
日時:
12/5(木)19:00~
12/6(金)14:00~/19:00~
12/7(土)14:00~/18:00~
12/8(日)14:00~
(開場は開演の各30分前)
料金:
前売り 3,500円
当日  3,800円

満劇新作公演「オトナドリル」のフライヤー。

昨年の公演より。

Follow Us