明治、野老朝雄氏デザインの東京2020公式ライセンス商品発売

share

明治は東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムで用いられている組市松紋様をあしらったパッケージの公式ライセンス商品4品を発売した。デザインはエンブレムをデザインした野老朝雄(ところあさお)氏。

東京2020オリンピック公式ライセンス商品「ザ・チョコレートボックス」(各6枚入り、2000円)2種と、スリーブタイプの同「アソートセット」(各3枚入り、700円、以上税別)2種の計4品を用意。オリンピックのエンブレムを表面に配した青色には「コンフォートビター」味と「ベルベットミルク」味が、パラリンピックのエンブレムを配した赤色には「エレガントビター」と「サニーミルク」が入っている。

東京2020オリンピック公式ライセンス商品「ザ・チョコレートボックス」(左)と、同「アソートセット」。後者は表面のパラリンピックのエンブレムが記載されている。

「ボックス」の方はお土産やギフト需要を想定し、組市松模様の折り紙を封入。訪日外国人など、折り紙を初めて手にする人でも楽しめるように、折り鶴の折り方の説明書も同封した。

全国ライセンスショップや一部百貨店の催事にて販売中だ。

Follow Us