JAGDA賞2020決定、第22回亀倉雄策賞は菊地敦己氏に

share

【関連記事】「JAGDA新人賞2020は、佐々木俊、田中せり、西川友美に決定」はこちら

2019年に開催された年鑑『Graphic Design in Japan 2020』掲載作品選考会を経て、第22回亀倉雄策賞、JAGDA賞2020、JAGDA新人賞2020が決定した。

本年度全国の会員から出品されたのは、1915作品。厳正な選考の結果、560作品が入選(入選率29.2%)となり、その中から第22回亀倉雄策賞が1作品、JAGDA賞2020が10作品、JAGDA新人賞2020 3名が選出された。

菊地敦己氏

第22回亀倉雄策賞に選ばれたのは菊地敦己氏で、受賞作は陶芸家の展覧会図録「野蛮と洗練 加守田章二の陶芸」(菊池寛実記念 智美術館)のブックデザイン。

受賞となった『野蛮と洗練 加守田章二の陶芸』は20世紀後半に活躍し、50歳を目前に夭折した陶芸家の作品展の図録。「編集、撮影、印刷、造本のすべてにデザイナーの力が発揮された、一分の隙もない仕上がり。作品から読み取ったものを、本としてどう存在させるかが考えられている」「作品集というものは大仰になりがちだが、加守田章二という人物がそのまま伝わってくる」と評された。

4月8日〜5月20日に、東京・クリエイションギャラリーG8にて受賞作品を展示する、第22回亀倉雄策賞受賞記念展「菊地敦己 2020」が開催される。

また、入選作品を収録した年鑑は、編集長・柿木原政広氏、ブックデザイン・川上恵莉子氏により、2020年6月発行の予定。発刊に合わせ、6月19日〜8月6日に東京ミッドタウン・デザインハブにて、年鑑作品展「日本のグラフィックデザイン2020」も開催する。

授賞式は、6月27日に熊本での2020年度JAGDA通常総会会場にて実施予定。

第22回亀倉雄策賞

受賞者:菊地敦己
受賞作:陶芸家の展覧会図録のブックデザイン「野蛮と洗練 加守田章二の陶芸」
(cl: 菊池寛実記念 智美術館)

JAGDA賞2020

・ポスター

HIROSHIMA APPEALS 2019/澁谷克彦

HIROSHIMA APPEALS 2019/平和希求キャンペーンポスター(org:ヒロシマ平和創造基金/広島国際文化財団/日本グラフィックデザイナー協会広島地区)

・ジェネラルグラフィック

現在地:未来の地図を描くために/菊地敦己

現在地:未来の地図を描くために菊地敦己/美術館の企画展ツール(cl:金沢21世紀美術館)

・CV・VI・シンボル・ロゴ・タイプフェイス

西川/永井一史

西川/寝具メーカーのロゴ(cl:西川)

・ブック・エディトリアル

野蛮と洗練 加守田章二の陶芸/菊地敦己

「野蛮と洗練 加守田章二の陶芸」/陶芸家の展覧会図録のブックデザイン
(cl:菊池寛実記念 智美術館)

・パッケージ

資生堂パーラー銀座本店限定商品 2019/仲條正義

資生堂パーラー銀座本店限定商品/洋菓子店のパッケージ(cl:資生堂パーラー)

・新聞広告・雑誌広告

無印良品キャンプ場 2019/新村則人・庭野広祐

無印良品キャンプ場 2019/キャンプ場の雑誌広告(cl:良品計画)

・環境・空間

興福寺中金堂落慶法要散華 まわり花/三澤遥

撮影/濱田英明

・インタラクティブデザイン

三井本館 1929-2019 Mitsui Main Building 写真・ホンマタカシ/田中良治

三井本館 1929-2019 Mitsui Main Building 写真・ホンマタカシ/重要文化財の周年記念サイト(cl:三井不動産)

・映像

SCHOOLYARD/吉野耕平

SCHOOLYARD/放送局のイメージ映像(cl:スペースシャワーTV)

・複合

ISSEY MIYAKE SEMBA/野間真吾

ISSEY MIYAKE SEMBA/デザイナーブランドのツール・什器・ショップデザイン(cl:イッセイ ミヤケ 撮影:吉村昌也)

JAGDA賞2020 受賞作品はこちら

Follow Us