気象変動を味わえる「サイバー和菓子」を提供する期間限定レストランがオープン

share

SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)において「食」データ化転送計画「寿司テレポーテーション」や超未来型レストラン構想「寿司シンギュラリティ」で話題を集めた「OPEN MEALS(オープンミールズ)」。その新プロジェクト「サイバー和菓子」が、2月29日から六本木ヒルズのレストラン「THE MOON(ザ ムーン)」で提供される。

「OPEN MEALS」は、フード・テクノロジー・アートの接点をリサーチし、企業や大学などとの産業や領域を超えた共創を通じて、未来の食体験の発信と新たな食産業の創出を目指すクリエイティブ集団。ファウンダーは、電通デザインストラテジスト 榊良祐氏。

今回提供される「サイバー和菓子」は、気象データをもとに独自アルゴリズムを開発し、3Dプリンターで成形した和菓子。気候変動や都市生活により、かつてのように四季を感じられなくなる今、風速・気圧・気温などに応じて形や色が変わる和菓子を通じて、その日の東京の「空」を見て、食べて、楽しむことができる。

「サイバー和菓子」は、「OPEN MEALS」が構想する「寿司シンギュラリティ」へと繋がる実食プロジェクトの第一弾となる。

また本企画は、六本木、渋谷、上野を中心に、都内各所を舞台に最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンス、トークショー等が集結するテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo」の一環として開催される。

気象データ変換アルゴリズム

参考資料:過去の特定の日の気象データに基づき成形したサイバー和菓子(一部未来の気候予測に基づくもの)

開催概要

期間:2月29日(土)〜3月29日(日)
場所:THE MOON(六本木ヒルズ 森タワー52階)
TEL:03-3470-0052
メニュー:2種類のサイバー和菓子
「高気圧」(税抜3,000円・抹茶と最中付き)
「低気圧」(税抜3,000円・抹茶と最中付き)
※一日四部制(12:00/13:30/15:00/16:30)。完全予約制で限定個数を提供。
(2月20日以降、特設サイトまたは電話にて受付開始)

スタッフリスト

企画・プロデュース
電通
伝統工芸を用いたデザイン監修、京都職人のコーディネイト
京都造形芸術大学/京都伝統文化イノベーション研究センター(KYOTO T5)
関係機関の仲介・斡旋
クロステック・マネジメント
和菓子監修
坂本紫穗(和菓子作家)
データ利用環境の構築
さくらインターネット
気象データ・アドバイザー、API提供
島津ビジネスシステムズ
3Dフードプリンター(Food Innovation Machine)
武蔵エンジニアリング
リサーチ、エンジニアリング、3Dプリント制御、CG制作、WEB制作、映像制作
Konel Inc.

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us