乃木坂46、春限定「アサヒスーパードライ」CM出演で若年層の需要拡大へ

share

アサヒビールは2月12日から、「アサヒスーパードライ」のテレビCM「桜の下で、エール」篇(30秒)の放映を全国で開始した。CMキャラクターには乃木坂46のメンバーの白石麻衣、秋元真夏、新内眞衣、中田花奈の4人を起用。2015年から春限定で展開している桜色の特別パッケージの発売に合わせたもので、同15日からは60秒の長尺バージョンも放映している。

 

今回のCMはシリーズ第3弾で、これまで菅田将暉と中村倫也が出演する「2人のトライ」篇(2019年11月~)、菅田将暉と小日向文世が出演する「息子の帰省」篇(同年12月~)を制作してきた。

「桜の下で、エール」篇では4人で花見を楽しむ姿が描かれ、留学を決めた白石麻衣に対し、応援を込めて乾杯するシーンで締めくくられている。作品同様に1月にグループからの卒業を発表していることから、現実世界ともリンクする内容とした。音楽はシリーズ2作同様、2018年公開の映画『THE GREATEST SHOWMAN』の主題歌「THIS IS ME」を使用した。

アサヒビールは、2018年末からスーパードライの中長期のブランドテーマを“THE JAPAN BRAND”と設定し、最高品質の提供と飲用機会の拡大を見据えた取り組みを強化している。

2019年11月には、ブランドメッセージを「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」と設定し、現行のテレビCMシリーズの放映を開始。今回は若年層を中心に人気の高い女性タレントを起用することで、20代から30代のビール需要活性化を狙う。

スタッフリスト

広告会社
博報堂
制作会社
ティー・ワイ・オー
MIX
渡辺寛志
ECD
木村透、篠原直樹
CD
石井寛、細川剛
企画
篠原直樹、石井寛
C
木村透
AD
細川剛
D
土肥純一朗
AE
齋藤一寿、加藤慎平、井澤良介、前川林太郎、立石雄太
ST
安藤真由美
PR
勝野恵子、中込昌也、宮内朗
HM
森柳伊知
PM
和田泰明、山本耕平
演出
柿本ケンサク
撮影
Kateb Habib
照明
森寺テツ
美術
延賀亮

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us