クリエイター・オブ・ザ・イヤー、電通・川腰和徳氏、博報堂・神田祐介氏がW受賞

share

日本広告業協会主催による2019年クリエイター・オブ・ザ・イヤー賞が発表となった。

同賞は、同協会会員社の中で2019年に最も優れたクリエイティブワークを行ったクリエイター個人を表彰するもので、今年度で31回目を迎える。

2019年は、会員各社の選考を経てノミネートされた37名(27社)のクリエイターから、川腰和徳氏(電通)と神田祐介氏(博報堂)の2名が選出された。近年のクリエイターの役割の多様化を象徴するように、本年度もさまざまなタイプのクリエイターが推薦され、その中で両名については、タイプは異なるものの、それぞれ卓越したアイデアと実践力を持ち、甲乙つけることはできないという結論に至り、同賞初の2名同時選出となった。

川腰氏は、電通第3CRプランニング局に所属。クリエーティブ・ディレクター/アート・ディレクターとして、これまでに北國新聞社「高等学校相撲金沢大会ブランディングプロジェクト」、テレビ朝日・東宝「『君の名は。』地上波放送プロジェクト2019」、マンダム「GATSBY COP」「盛られハザード」、湖池屋「KOIKEYA PRIDE POTATO」、ヤフー「HISTORY OF THE INTERNET」、神戸新聞社「SINCE 1995」PROJECTほかを手がけている。アートディレクターならではの大胆で緻密なデザイン力を発揮し、数々の広告賞を受賞。また映画『君の名は。』地上波放送プロジェクトでは、これまで誰もやったことがない発想を実現させた点が評価された。

神田氏は、博報堂第一クリエイティブ局に所属。クリエイティブディレクター/CMプラナーとして、これまでにタクティー jms 連続10秒ドラマ「愛の停止線」、ドラマ24「きのう何食べた?」企画監修、マンダム LUCIDO TVCM「恥ずかしい」篇、日本スポーツ振興センター BIG TVCM「あの人もBIG」シリーズほかを手がけている。今回は「連続10秒WEBドラマ」という全く新しいコンテンツを生み出し国内外のファンを惹きつけ、また広告の枠さえも飛び出しTVドラマの企画監修まで手掛ける、新鮮でクオリティの高いコンテンツを生み出す手法が評価された。

また、メダリストとして下記の8名が選出された。表彰式は、6月1日に開催予定の2020年度定時総会・記念式典にて行う予定。

2019 CREATOR OF THE YEAR

川腰和徳(電通 第3CRプランニング局 クリエーティブ・ディレクター/アート・ディレクター)
神田祐介(博報堂 第一クリエイティブ局 クリエイティブディレクター/CMプラナー)

2019 CREATOR OF THE YEAR MEDALIST

木村洋(TBWA\HAKUHODO Disruption Lab Senior Art Director)
細川美和子(電通 CDC クリエーティブ・ディレクター/コピーライター)
荒井信洋(TBWA\HAKUHODO Disruption Lab クリエイティブディレクター)
河西智彦(博報堂 統合プラニング局 クリエイティブディレクター)
嶋田三四郎(博報堂DYメディアパートナーズ クリエイティブ&テクノロジー局長兼統合クリエイティブGM)
玉川健司(ADKマーケティング・ソリューションズ エクスペリエンス・デザインセンター EXクリエイティブユニット クリエイティブディレクター)
辻󠄀中輝(電通九州 クリエーティブ局 クリエーティブ・イノベーション部 コピーライター/CMプランナー)
三田哲矢(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO クリエイティブ・ディレクター)

Follow Us