コロナストレス時の子育てのヒントとなる、『左ききのエレン』のスピンオフ・ストーリーが公開

share

日本ユニセフ協会は、広告業界を舞台にクリエイターの葛藤を描いた人気漫画『左ききのエレン』のスピンオフ・ストーリーとなる『左ききのエレン ユニセフ特別編「チームの世界」』を、5月1日に公開した。

©️左ききのエレン

本作品では、ユニセフ(国連児童基金)が今年4月10日に発信した「ユニセフの子育て6つのヒント」をテーマに、主人公・朝倉光一とその家族のストーリーで伝える。

本企画の目的は、新型コロナウイルスによる緊急事態の中で子どもたちと向き合う保護者にむけて、子どもの心に寄り添い、また自身のストレスとうまく付き合いながら、親子で前向きに日々を過ごしていくためのヒントを示すことだ。

本作を無償協力で制作した作者のかっぴー氏は本作の公開にあたり、次のようにコメントを寄せている。

「1歳半の娘がいて、夫婦共働きの中で協力しあって育児を私にもしています。でも仕事に追われたり自分の体調が万全とは言えない時、育児を完璧には出来ていないと感じる事もあります。ユニセフからのメッセージにもありましたが、大切な事は日々のルーティンを決めて穏やかに過ごす事だと思います。特別な事では無く、自分に出来る日常的な事が誰かのために繋がるかも知れません。私に出来る事はと言えば、漫画を描く事くらいしかありませんので、いつも通り漫画を描く事が誰かの助けになるのであれば、こんなに安上がりな事は無いと思います。まず親が平静を取り戻す事で、子どもは安心できると思います。家庭内暴力・DVと聞くと反射的に「うちには縁がない」と思いたくなると思いますが、当たり前の事がままならない今だからこそ、家族と過ごす時間の大切さを改めて思うきっかけになれば幸いです」

©️左ききのエレン

「ユニセフの子育て6つのヒント」では、新型コロナウイルスの影響下で、おとな自身が自分をケアし、子どもたちを支えながら前向きに日々を過ごすための具体的なヒントを、①1対1の時間をつくろう ②ポジティブでいよう ③日常を整えよう ④子どもが誤ったふるまいをしたら ⑤ストレスとうまく付き合おう ⑥新型コロナウイルスについて話そう という6つのポイントにまとめて紹介している。

Follow Us