サイバーエージェントが、マーケティングのDXを推進する専門組織を設立

share

サイバーエージェントはインターネット広告事業において、広告活動に限定しない、マーケティングのDXを推進する専門組織「DX Opportunity Center(ディーエックス・オポチュニティセンター)」を設立した。

近年、店舗・店頭のDX化やペイメントサービスの普及、マイクロECの台頭によるD2Cビジネスの急成長など、消費行動におけるデジタル化が加速している。「DX Opportunity Center」では、サイバーエージェントの保有するAI技術やサービス・システム開発のナレッジを活かし、従来の広告活動に限定しない、マーケティングのデジタルトランスフォーメンション化の推進を支援していく。

「店頭における販促プロモーションのDX支援」や、AI技術を活用した商品開発から物流管理・需要予測そして商品販売まで一気通貫して行う「ファンコミュニティ形成によるD2Cブランドのビジネス開発支援」などのソリューションを提供予定だ。

DX Opportunity Centerの事業責任者には、ブランドマーケティングにおけるプランニング開発責任者をインターネット広告事業本部 マーケティングサイエンス局 局長 兼 プランニングディレクターとして務めてきた、金子彰洋氏が就任する。

Follow Us