古民家、診療所、お寺……あらゆる“空きスペース”がお金になる!? スペースマーケット代表が見据える“貸し借り”の可能性

share

※本記事は株式会社マスメディアンの『advanced by massmedian』に掲載された記事を表示しています。

ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味さんがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。6月13日(土)の放送は、株式会社スペースマーケット代表取締役の重松大輔さんが登場しました。

“スペース”の可能性を引き出す

同社は、仕事の打ち合わせ、YouTubeや番組などの録画・録音などができる多目的に使える会議スペースをはじめ、あらゆるスペースを1時間単位から簡単に貸し借りできるスペースシェアリングプラットフォーム「スペースマーケット」の運営をしています。

いわゆる会議スペースだけでなく、「変わった場所になりますと、お寺や野球場、結婚式場、古民家、旧診療所、飲食店など、多種多様なスペースが登録されています」と重松さん。コロナ禍でさまざまな業種が打撃を受けるなか、「飲食店は、営業の停止や時間短縮をせざるを得ない流れがあったので、飲食店のアイドルタイム(無作業時間)などで、ほかの人に間貸しをしたり、オフィスの空いている会議室をほかの会社に貸したり、いろいろな貸し借りが増えています」と近況を語ります。

2014年の創業時、レンタルスペースや貸し会議室のマッチングサイトなどが数多くあったそうですが、重松さんは「世の中はいろいろなスペースがある。それが、いろいろな活用方法で使われたら、めちゃめちゃ面白いんじゃないかと思って。僕はその可能性にワクワクしました。実際に、古民家やお化け屋敷、結婚式場などを貸し出してみたら、けっこう借り手がついた」と振り返ります。そして、自社のこだわりについて「あらゆるスペースの可能性を引き出すことを大事にしている」と声を大にします。

なかには、重松さんの想像を超える利用のされ方をすることが数多くあるそうで、「例えば、古民家。オフサイトミーティングや会議といった使われ方のほか、コスプレイヤーのみなさんに(撮影スペースとして)すごく使っていただいています」と思わぬ反響ぶりに驚かされることも。

フォトクリエイトで上場までを経験

そんな重松さんのキャリアは、大学を卒業し、2000年に入社したNTT東日本からスタート。そして、同期入社した友人が起業した株式会社フォトクリエイトへ2006年のときに転職。まだスタッフが10人前後だったころに参画し、2013年7月には東証マザーズ上場を経験しました。

その経験はとても大きかったようで、「フォトクリエイトが上場した瞬間、僕自身の役割は“ある意味、終わったかな”と。それと同時に、自分のチャレンジも考えていて。友人である創業者(白砂晃さん)に相談したら『お前は絶対にチャレンジしたほうがいい』と背中を押してくれたこともあって、スペースマーケットを創業した」と振り返ります。

スペースマーケットで広がる未来

ハヤカワさんが「起業して心が躍ったことはありましたか?」と尋ねると、重松さんが即答したのは、空き家問題。

「いまでは『SDGs(※Sustainable Development Goalsの略称/持続可能な開発目標)』という言葉も広まってきていますが、古民家などを所有されている方って、維持費がものすごくかかるんです。代々受け継いできたけど、これを潰して駐車場にしちゃおうと……そんなときに、たまたまスペースマーケットを知っていただいてレンタルしてみたところ、けっこう稼げるようになったんです。

そのお金で古民家を維持することができるようになったのは、ある意味サスティナブルだし、そこに新しいビジネスモデルがあって地方も元気になる。これは可能性しかない!」と実感したそう。

「そのスペースのオーナーも思い入れを持っているのです。ご先祖さまから代々受け継いできたもの、子どものころに遊んでいた場所を“潰したくない”“守りたい”という気持ちはあるんだけど、どうしたらいいのかわからない。そこで、(スペースマーケットを活用することで)建物を保存できる、どんどん改修して遺すことができることが私的に“グッ”ときています」とやりがいを語る重松さん。

また、新型コロナウイルスの影響もあって「最近では、リモートワークでの利用や、(リモート)面接を自宅でやるよりも……ということで、テレビ面談をする場所として就活生に多く使っていただいている」と言います。

最後に、今後の展望として、「働き方が劇的に変わっていて、あらゆる場所でフレキシブルに働くというライフスタイルが伸びてきますし、それが進んでいくと、働く場所が変われば住む場所も変わってくると思うんですよね。マルチハビテーション(多拠点生活)みたいに、いろいろなところに住んで、いろいろなところで働ける世の中を実現したいし、自分自身も体現してみたい」と話していました。

【この記事の放送回をpodcastで聴く】


<番組概要>
番組名:マスメディアン 妄想の泉
放送日時:毎週土曜 24:30~25:00
パーソナリティ:ハヤカワ五味
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/mousou/
番組Twitter:@mousou_tfm


コンテンツパートナー記事とは
AdverTimes.編集部が注目する広告界のオウンドメディアから
読者に届けたい記事を厳選し掲載しています。

Follow Us