テーマは「THE 普遍」、小栗・火野親子の演技が光る「Maker’s Mark」CM

サントリースピリッツのクラフトウイスキー「Maker’s Mark」は、2018年より小栗旬さんを起用したCMを開始。今年は「父の日」に合わせて、新CM「父の日」篇60秒を公開。また、「父の日」の前日となる6月20日に新聞広告15段を出稿した。

CMは、小栗さん演じる息子が実家に帰ったシーンから始まる。「父の日」の贈り物として小栗さんが「Maker’s Mark」を贈ると、「めったに出さないお気に入りのグラスを出してきてくれた」父(火野正平さん)。グラスを手に「うまい?」と聞く息子に、父は「お前も、息子にウイスキーをもらったらわかるよ」。グラスを交わしながら、2人のゆっくりとした時間が流れて行く。

 

「花でも、ネクタイでもなく、ウイスキーを贈る。それは、コミュニケーションを贈るということ。モノや、コトではなく、一緒に語らうトキを贈るということ。父と子という特別な、少し照れ臭い関係の中で、お父さんが贈られて一番嬉しいのは、やっぱり「時間」だと思います」と、企画を手がけたSIXクリエイティブディレクター 野添剛士さん。

このCMのコンセプトは、そんなある種の「THE 普遍」だ。

次のページ
1 2
この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

この記事を読んだ方におススメの記事