CMで岡田園長が読む「いろはかるた」を実際に体験できる、ひらパー「いろは遊園地」

share

京阪電気鉄道が経営する遊園地「ひらかたパーク」(以下、ひらパー)の新しいCM「いろはかるた」が、関西地区で放映されている。

動画はこちらから

新CMは、大人から子供まで誰もが楽しめるゲームである「いろはかるた」がモチーフ。

岡田准一さん演じる、お馴染みの岡田園長が読み上げるかるたに合わせて、ちび園長(関西ジャニーズJr. 伊藤翔真さん、伊藤篤志さん)たちが園内のアトラクションを背景に、かるたのことわざを実演していくのだ。

「立て板に水」と読めば、「水系アトラクション 絶叫の滝 バッシュ」に置かれた板に水をかける。「二階から目薬」と読めば、サイクルモノレールに乗りながら下の人に目薬をさす。「ぬれ手で粟」では、濡れた手で粟が入った入れ物に手を入れる。「馬の耳に念仏」では、馬ではなく、なぜかアルパカの耳元で九九を唱えたり…。そんなちび園長たちの様子を見て、岡田園長はツッコミを入れるのだった。

2020年のひらパーのテーマ「ぶら遊園地」のもと、クリエイティブスタッフは今回、「もっと子供が楽しめる企画をつくろう」と考えた。そこで子供にも馴染みのある「ことわざ」をテーマに選び、誰もが耳にしたことはあっても見たことがない、そんな色々な「ことわざ」が実際に体験できるスポットをCMだけではなく、園内のアトラクションやエリアに出現させたのだ。

「ひらパーにはいろいろ見所があり、スポットを点在させることで、園内を巡ってもらいたかった」という。さらに、家に帰ってからも楽しめるように、超ひらパー兄さんオリジナルグッズとして「ひらパーいろはカルタ」も制作、こちらは園内で限定販売中だ。

10のかるたに書かれた「ことわざ」を実際に園内で体験できるイベント「いろは遊園地」は、7月4日から開催されている。

スタッフリスト

企画制作
博報堂+東映シーエム
CD+企画+C
田中幹
C+企画
川村健士
AD
森安崇
PR
宮林和男
PM
渡辺浩仁
演出
小林達行
撮影
森下直輝
照明
宮西孝明
HM
惣門亜希子(岡田准一)、三浦由美(伊藤翔真、伊藤篤志)
ST
五十嵐智孝
美術
富田大輔
CAS
佐藤比登美
編集
大西正人
同録
村上祐司
AE
永山武明、土谷美菜子

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us