江の島周辺エリアの混雑状況を可視化する実証実験、ADKと藤沢市などが実施

share

ADKクリエイティブ・ワンは、観光地エリアにおけるソーシャルディスタンシング支援を目的に、江の島周辺の混雑状況を可視化する「ENOMAP(エノマップ)」の実証実験を開始する。藤沢市ほか5者によるマルチパートナーシップで行われ、ADKクリエイティブ・ワンはコーディネート、プランニング、プロモーション等のコミュニケーション領域を担う。

コロナ禍において、以前の賑わいを取り戻したい観光地が増える一方で、観光客には「密」を避けて観光したいニーズがある。今回の実証実験では、こうしたニーズの高まりを受け、IoTやAI技術を活用して江の島周辺エリアにおける混雑状況を可視化する。

マップ上で江ノ島周辺エリアの施設のリアルタイムの混雑状況を公開し、ソーシャルディスタンシング対策をサポートする。

基本合意を締結した5者は下記の通り。

・藤沢市
・バカン(混雑可視化のためのリアルタイム空き情報プラットフォームの提供)
・ADKクリエイティブ・ワン
・江ノ島電鉄
・藤沢市観光協会

実証実験期間は、7月27日~10月31日。

Follow Us