「この1年を延期ではなく、+1に」、TOKYO2020がアスリートの視点から世界にメッセージを発信

share

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)と東京都は、2021年7月23日に開会する東京2020オリンピックの開始時刻に合わせ、今年の同日20時より、オリンピックスタジアム(国立競技場)から世界に向けてメッセージを発信した。

「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~TOKYO2020」と名付けられたこのイベントには、競泳の池江璃花子選手が登場。東京2020オリンピック聖火が灯るランタンを持ちながら、ゆっくりと言葉を紡いでいった。
「この大会に出るのが夢だった」という池江選手は自身の病気と重ねあわせながら、オリンピックやパラリンピックという大きな目標が目の前から、突然消えてしまったことがアスリートにとってどれほどの喪失感であるかを語った。そのうえで池江選手は、1年後に向けて、次のように話した。

「TOKYO 2020 今日、ここから始まる1年を単なる1年の延期ではなく、「+(プラス)1」と考える。それはとても、未来志向で前向きな考え方だと思いました。もちろん、世の中がこんな大変な時期に、スポーツの話をすること自体、否定的な声があることもよく分かります。ただ、一方で思うのは、逆境からはい上がっていく時には、どうしても、希望の力が必要だということです。希望が、遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても、前を向いて頑張れる。世界中のアスリートと、アスリートから勇気をもらっているすべての人のために。一年後の今日、この場所で希望の炎が、輝いていてほしいと思います」。

このメッセージの後、会場内のビジョンには、大会を目指す全てのアスリートへのエールを送ると共に、大会を支える全ての人々への感謝・敬意を込めた映像「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020」が流れた。

当日フィールドでながれた映像「「一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020」© Tokyo 2020 / 東京都

 

本イベントと映像などのクリエイティブディレクターを務めたのは、東京パラリンピックの開閉会式の演出をする佐々木宏さんだ。今回のイベント、映像が企画された経緯について、次のように話す。

「1年後に延期されることになった東京2020大会について、様々な議論が飛び交っていますが、その議論の中で、本来、オリンピック・パラリンピックの主役であるはずのアスリートの想いや意見が世の中に発信される機会というのが非常に少ないと感じていました。1年後、オリンピック・パラリンピックが開かれる未来のために、努力している世界中のアスリートたちが、どのような想いでいるのかを、アスリートの視点にたって、発信する必要があると感じました」。

「1年後、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたらどんなに素敵だろう」ーー1年後の開会式の日に向けて、一歩前へ進むために、ひとりのアスリートからの心からのメッセージを伝える人として、佐々木さんが適役と考えたのは1年近い闘病を経て、プールに戻ってきた池江璃花子選手だった。

「映像のタイトルは、『+1メッセージ』です。今回の1年前映像制作にあたって、これからの1年をポジティブにとらえようと「+1」をコンセプトの中心におきました。オリンピック、パラリンピックを目指して過酷な練習を続けるアスリートたちは、この1年延期をどう受け止めただろうと想いを馳せました。ただ、この1年を延期ではなく、1年プラスと発信したいと思いました。厳しいところから立ち上がる時には、希望が必要なのです」

「+1メッセージ」は、前半と後半に分かれている。前半は、2020年という非常に厳しく特別な年についての内容、後半はそのような状況の中で1年後を目指して練習に励むオリンピック選手、パラリンピック選手が登場する。また、社会を支える人々への感謝と尊敬、スポーツがくれる勇気や人とのつながりの大切さを伝えるように心掛けたという。

現在、公式サイトにて、当日のイベントの様子と動画が公開されている。また、翌日には新聞各紙に「+1」をキャッチフレーズとする新聞広告も出稿された。

各紙に出稿された新聞広告
© Tokyo 2020 / 東京都

東京2020組織委員会、東京都、JOC、JPCで掲出されるポスター。
© Tokyo 2020 / 東京都

スタッフリスト

企画制作
連+CATCH+WATCH+ギークピクチュアズ+電通+公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
CD+企画
佐々木宏
企画+C
福部明浩
AD
浜辺明弘
演出
田中嗣久
PR
谷村直泰
PRサポート
稲垣護、佐藤正人
PM.
沖鷹信、松井茂奈美
撮影
瀧本幹也
照明
藤井稔恭
ST
伊藤佐智子
HM
赤松絵利
音楽
富貴晴美
ED.(オフライン)
今村徳孝、村尾まさみ
ED.(オンライン)
泉陽子、三浦雄大
MA.
清水天務仁
アカウントプロデューサー
井出泰斗、田中裕人

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us