課題は渋谷区の未来像、ACCが30歳以下のクリエイターを対象にヤングコンペを開催

share

一般社団法人ACCは、「ACC YOUNG CREATIVITY COMPETITION(ACCヤングコンペ)」の開催を発表した。

本プログラムの対象となるのは、30歳以下のクリエイター。与えられた課題に対し、その解決策となるアイデアを企画・提案するコンペティションとなる。

第一回目となる課題を出すのは、本プログラムを後援する渋谷区。20年後を見据えてつくった「渋谷区基本構想」において「ちがいを ちからに 変える街」という未来像を掲げている渋谷区。その未来像をつくることに繋がる企画やアイデアを募集する。

応募資格者は、1989年10月30日以降に生まれた人で、個人、もしくは3人以下のチーム。エントリー者(代表1名)は、ACC会員社に所属していることが条件となる。

エントリー費は、無料。審査委員は、長谷部健渋谷区長を筆頭に、渋谷区と広告業界のメンバー全10名が務める。審査スケジュールは以下の通り。

ACC YOUNG CREATIVITY COMPETITION スケジュール(予定)

課題・ブリーフ、応募要項、応募資格、審査委員詳細発表:8月11日(火)

応募期間:8月25日(火)~8月31日(月)

一次審査(書類):9月中旬

二次審査:9月末

ファイナリスト発表:10月8日(木)

最終審査(公開プレゼンテーション):10月末

課題などの詳細は、8月11日にACCサイトにて発表される。

応募期間は、8月25~31日。10月末(予定)に行われる最終審査会でファイナリストの公開プレゼンテーションを実施し、グランプリ、準グランプリを決定。グランプリ受賞アイデアは、今後、渋谷区において実施の検討を行うことを予定している。

Follow Us