漫画『日に流れて橋に行く』に登場する三つ星呉服店が、誠品生活日本橋で開店

share

集英社の女性向けマンガ誌「クッキー」で連載中の漫画『日に流れて橋に行く』(著・日高ショーコ)は、明治末期の東京・日本橋を舞台に、老舗呉服店「三つ星」が百貨店へと変遷していく流れを描いた作品だ。その「三つ星呉服店」が、8月7日に東京・日本橋にあるカルチャー体験型店舗・誠品生活日本橋に登場する。

本企画のための描き下ろしイラスト。 ©日高ショーコ/集英社

今回、「三つ星呉服店」の家紋を入れた暖簾を展示するほか、誠品生活日本橋のフロア(約870坪)全体が内装などを含め、三つ星呉服店と化す。このフロアでは複製原画等を展示し、コミックス・関連書籍ほか、オリジナルグッズなどを紹介・販売する。

「本作は漫画好きの人だけが知る、知る人ぞ知るという存在でしたが、小売マーケティング業界の人であれば必読と言われている作品。物語が本当に面白くて、どんな人にも楽しんでもらえる漫画だと思ったので、思い切って呉服店を開店し、そこから興味を持ってもらいたいと考えました」と、企画を手がけたJardin/spiceboxクリエイティブディレクター 吉田大氏。

場所を検討する中で「誠品生活日本橋がふさわしい」と考え、集英社のスタッフと共にプレゼンし、実現に至ったという。オリジナルグッズの企画やコラボレーションの人選、売り出し方から空間やパッケージのデザインまでを、Jardin/spiceboxが提案した。

物語の中で、流行作家・白石は「三つ星」を舞台にした新聞小説を書く。「三つ星」の三男・虎三郎はその小説を戦略的に活用、小説に出てくる藍染の反物や手拭いを販売し、多くの客に人気を集める。本企画では、そのストーリーから着想。今の時代に合わせた「三つ星呉服店」の藍染の一反の反物でマスクと手ぬぐい全4型を制作し、販売する。

誠品生活日本橋で販売するオリジナルの藍染のマスクと手ぬぐい。

店舗に掲げた暖簾のイメージ。

藍染の反物は国内外の有名ブランドとコラボしている藍師・染師のBUAISOUが藍染を手がけ、ナカニが生地の手配とマスクの縫製を、現代装飾家の京森康平氏がデザインを担当した。これらは誠品生活日本橋だけではなく、『日に流れて橋に行く』特設サイトでも販売する。

また期間中、『日に流れて橋に行く』単行本やオリジナルグッズなど対象商品の一定金額以上を購入した人にはオリジナルプレゼントが用意される他、マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にて本作290ページ分を一挙に無料公開する。

誠品生活日本橋での「三つ星呉服店」は、9月11日までオープンしている。

開催概要

開催場所:誠品生活日本橋
開催期間:8月7日(金)〜9月11日(金)
開催時間:11時〜19時

スタッフリスト

企画制作
Jardin/Spicebox
ECD
小嶋竜
CD+C
吉田大
PR+D
菊地美和
AD+De
西山由真
De
髙橋大輝
撮影(グラフィック・ムービー)
堺亮太
PRプランナー
松原貴子

 

■ティザーサイト

制作
HUSMA
Webサイトデザイン
岩本遼、本名静菜

 

■本サイト

出演
東秀起、久保亜由美
HM
渡邊佑美
ST
釘宮一彰
Webサイトデザイン
西山由真
Webサイトコーディング
Beeworks Co., Ltd

 

■空間演出

制作
Jardin/Spicebox +CREST K.K.
D
髙橋大輝

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us