ハヤカワ五味の親友、池澤あやか登場! 「タレント兼エンジニア」に至るまでのキャリアを語る

share

※本記事は株式会社マスメディアンの『advanced by massmedian』に掲載された記事を表示しています。

ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味さんがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。8月22日(土)の放送は、タレントでソフトウェアエンジニアの池澤あやかさんが登場しました。

副業のポイントは、職業同士の「掛け合わせ」

2人は“親友”という間柄とあって、ざっくばらんな雰囲気でトークを展開。そもそもの出会いは、動画配信サービス「ABEMA」内で放送されている報道リアリティーショー「ABEMA Prime」での共演がきっかけで、プライベートでも遊ぶようになったのだそう。

池澤さんは、「東宝シンデレラオーディション」を機に芸能界入りし、デビュー時は女優として活動。「ラフ ROUGH」や「デトロイト・メタル・シティ」などの映画に出演するも、「現在、女優は廃業中(苦笑)。あまりに演技の才能がなさすぎて……最近はタレントとして活動しています」。

現在はタレント活動の傍ら、フリーランスのソフトウェアエンジニアとしての顔も持つ池澤さん。二足の草鞋(わらじ)を履くようになったのは、「タレントとして売れていたわけではなかったから。時間の余裕はすごくあるんだけど、お金が全然ない状態だった」と話します。

仕事柄、オーディションが急に飛び込んできたり時間が不規則だったりするため、定時のアルバイトを掛け持ちするのは難しく「学生時代、パソコン1台で旅先でも仕事をやろうという働き方“ノマドワーク”という単語が流行っていて。そこで取り上げられていたのが、ライター、プログラマー、Web制作だったので、Web制作の勉強をしていた」と当時を振り返ります。

現在の働き方について、「副業は、その職業同士の相性がある」と言います。というのも、「私の場合、タレントという職業はどこか(の現場)に行って、その場を頑張ればいい。一方、エンジニアはプライベートの時間を使って、開発を進めたり勉強したりしなければいけない」と、正反対の職業だったことが功を奏したそう。

「どっちも勉強しないといけなくて時間の際限がない職業だと、ストレスがすごく溜まっていたと思う。(仕事の相性や特性は)けっこう重要で、“掛け合わせ”がうまくいくと唯一無二の仕事ができるかも」と実感を語ります。

タレントとエンジニア。それぞれの道に進んだきっかけは?

小さいころは「マジで夢がなかった(苦笑)」という池澤さんが、芸能界を目指すきっかけとなったのは、小学校の同級生で現在女優として活躍する夏帆さんの存在。

「小学5、6年生の頃、すごく仲が良かったんですけど、(夏帆さんが活動する姿を見て)“芸能界に入ったら、もう1回一緒になにかできるかも”と思って、なんとなくオーディションを受けたら合格しちゃって(笑)。夏帆ちゃんとは中学のときにバラバラになったので、“仕事でまた会えたらな”っていう下心はあったかも」と笑います。

一方、エンジニアへの入口となったのは、中高生時代に流行していた“ミニブログ”。「自分でいろいろなパーツを置いたり、HTMLをいじってキラキラさせたりするのが流行っていて、“Webって楽しいな”と思った。それをきっかけに、Webサイトをコピペベースでつくったりして“Web制作って、自分に合っているかも”と思うようになったんです。それと同じころに、大学でWeb制作の授業もあったので勉強しました。モノづくりに興味があったから、プログラミングや電子工作のゼミにも所属をしていました」と池澤さん。

きっかけを聞いたハヤカワさんは、「中学時代に“なんとなくの趣味で触っていたもの”って、わりとその後も影響あるんだな、と思う。私も、中高生時代はコスプレイヤーだったんだけど、写真を加工するときに「Adobe Photoshop」とかを使っていた。デザイン系に進むきっかけになったのも、わりとそういう些細な部分だった」と共感します。

“種まき”が未来の仕事へつながる

池澤さんは、最近の自身のスタンスについて「やりたいことは常に尽きなくて、自分が安定してできることをコツコツとやっている。プラス、“種まき”みたいなことをするように心がけています。金銭的な見返りがなくとも、“面白い”と思ったことに時間を使っている。そうすることで、意外なところから仕事につながることがある」と言います。

例えば、興味本位でエストニアの電子国民プログラム「e-Residency」を申請してみたそうで、「ノリで取得して、SNSで“(エストニアで)会社をつくっていま~す!”って発信したら、エストニア関連の人から連絡があって。エストニアで会社を設立した人たちのコミュニティがあるんですけど、『エストニアで会社設立を検討している人たちに向けて講演会をやるので、講演をしてみませんか?』って。発信していたら意外な仕事につながることがある」と語ります。

ハヤカワさんも大きくうなずきつつ、「まわりに『(自分は)これが好き』とか『こういうことをやりたい』って言っていると、その類の仕事がきやすくなることがあるし、言っておくことが重要かもしれない。だから、仕事でも趣味でも“種まき”ってすごく重要。それが“未来へのつながり”というか、そこから発展していくことがある気がする」と話していました。

【この記事の放送回をpodcastで聴く】


<番組概要>
番組名:マスメディアン 妄想の泉
放送日時:毎週土曜 24:30~25:00
パーソナリティ:ハヤカワ五味
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/mousou/
番組Twitter:@mousou_tfm


コンテンツパートナー記事とは
AdverTimes.編集部が注目する広告界のオウンドメディアから
読者に届けたい記事を厳選し掲載しています。

Follow Us