新聞とARでお祭りの雰囲気を体験 下野新聞社「ARとちぎ縁日」

share

下野新聞社(栃木県宇都宮市)は、自宅でお祭り気分を味わえる「ARとちぎ縁日」を9月25日の朝刊紙面に掲出した。新型コロナウイルス感染症の拡大によりお祭りなどが中止や延期になる中、多くの県民に「わが町のお祭りに想いをはせる機会を提供したい」という思いを込めて、企画された。

「ARとちぎ縁日」。9月25日付の下野新聞の朝刊紙面に掲載された。

紙面では、夏の風物詩である縁日の風景を、「レインボーアイス」や「いもフライ」「ぎょうざ」など栃木県の名物の出店が並ぶノスタルジックなイラストで表現。さらに、紙面上の二次元コードを読み込むと、祭りばやしの音とともに「おかめさん」と「ひょっとこ」のお面がARで表示される仕掛けだ。縁日の風景を背景にお面を被って自撮りをするなど、お祭りの雰囲気を味わえる。

また、紙面の表面では、「今年、あなたの思い出になりたかったお祭りがあります。」と、毎年県内25市町の地域で親しまれてきたお祭りを一覧で紹介する。

表面では、毎年県内25市町の地域で親しまれてきたお祭りを一覧で紹介

スタッフリスト

企画制作
電通+プラグ+VONS
CD+C
野澤友宏
企画+AD
八木彩
企画+PR
勝見文一、川畑茉衣
D
河西郁生、高宜文
I
船津 真琴
CPR
杉田澄名
レタッチ
磯崎大介
3D
新谷寛志
AR
高山和久、堀祐一、笹原大介
PRプランナー
濱村裕也
AE
高橋晋伸輔
製版
日庄

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us