ローソン、コーヒー専用の繰り返し使える蓋を発売 nendoがデザイン

share

ローソンは9月28日、デザインオフィスnendoがデザインしたコーヒーカップ専用の蓋「MACHIcafe マイ・リッド」(1100円、税込)を都内のローソン5店舗で発売した。期間限定の実験販売とし、持ち運びができる「リッド」(蓋)のニーズを検証し、今後の販売について検討する。

「MACHIcafe マイ・リッド」全5種類。/Photographer:Akihiro Yoshida

「MACHIcafe マイ・リッド」には耐熱性のあるシリコンゴムを使用した。ローソンで販売している「MACHIcafe」のホット専用カップ、S・Mサイズに対応。nendoによると、裏面に設けた二重の固定用の蓋がパッキンの役割を果たしているという。洗って繰り返し使用でき、プラスチック削減の一助とする。

コーヒーの香りを楽しめるよう、飲み口の反対側には半ドーム型の空間を設けた。展開カラーはベージュ、ブラック、アクア、ピンク、ブラウンの5種。スリーブとしても使える持ち運びケースが付く。ポリエチレン不織布のタイベックシート製で、防水効果が高く、洗濯も可能。

飲み口の反対側には半ドーム型の空間を設けた。/Photographer:Akihiro Yoshida
持ち運びケースはスリーブとしても使用可能。/Photographer:Akihiro Yoshida

ローソンはクリエイティブパートナーのnendoと共に、2020年春よりプライベートブランド商品のロゴ・パッケージを、従来の「ローソンセレクト」から「L basic」「L marche」の2つのブランドに一新。新型コロナ禍でのポスター掲出や、nendoデザインのエコバッグの販売を行ってきた。

Follow Us