ロート製薬「読みにく過ぎる新聞広告」3種を制作 目の愛護デーに出稿

share

ロート製薬は10月10日、「目の愛護デー」に合わせて「読みにく過ぎる新聞広告」シリーズとして3種を制作。同日、朝日・日経・産経の各紙に出稿した。それぞれ、文字が鏡文字になっていたり、点在していたりと読みにくい広告に仕上げることで「大切な目の働きに注目してほしい」という思いを込めている。企画制作は電通関西支社、電通クリエーティブX。

3種の新聞広告は特設サイトでも公開。それぞれ「くねくねver」(朝日)、「鏡文字ver」(日経)、「バラバラver」(産経)とし、読みにくい文字列を読んでみてほしいと促している。解読できない人向けには「どうしても面倒くさかった方はコチラ」とし、広告の内容の答え合わせができるようにした。

朝日新聞はくねくねしていて読みにくい。

日経新聞は鏡文字で読みにくい。

産経新聞は文字がバラバラで読みにくい。

スタッフリスト

企画制作
電通関西支社+電通クリエーティブX
CD
渡邊将史
企画+C
廣瀬泰三
企画+AD
茗荷恭平
D
苅田哲平
AE
福島大地・板東剛・鷲尾尚哉

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us