早稲田アカデミーの広告に、ちびまる子ちゃんの親友「たまちゃん」が登場

share

小学生・中学生・高校生を対象とした進学塾を運営する早稲田アカデミーでは、今年4月にコロナ禍に対応したオンライン授業の告知以降の広告に、中学生になった3D「ちびまる子ちゃん」をキャラクターに起用。そして、この秋から始まった冬期講習会の告知広告には、「ちびまる子ちゃん」の親友「たまちゃん」が登場している。

今回、たまちゃんを起用したのは、受験を控えた時期に、そしてコロナ禍で不安やストレスが高まるなかで、一緒にがんばる仲間がいることの価値を伝えること。まる子とは対照的に真面目な「たまちゃん」のキャラクターを生かしながら、「いっしょにがんばる人がいるって、いいよね。」「こう見えて、静かに燃えているワタシです。」など、ターゲットの心に寄り添ったメッセージで交通広告を展開している。キャッチフレーズは、「まる子も、たまちゃんも、本気になる。」。

「たまちゃん」の3D制作にあたっては、膨大な小学生時のデータから、中学生に成長した顔と胴体の比率を割り出し、3Dモデリング化。特に髪型や髪の質感、メガネの質感などの微細なテクスチャーにこだわり、キャラクターを浮き彫りにしたうえで、リアリティとまる子との対比を表現している。なお、2人が着ている冬のセーラー服は、作者さくらももこさんの出身校の制服を参考にした。

本キャンペーンは、新宿、池袋、渋谷など首都圏のターミナル駅を中心に展開されている。

広告制作スタッフ

企画制作
ADKマーケティング・ソリューションズ、ADKクリエイティブ・ワン、CHERRY、RABBIT、クリエイターズグループMAC
CD+C
三井明子
AD
増田総成
D
中戸健司
3D制作
重松淳也、TANGE FILMS
CPR
林美将
PR
鈴木聡倫
AE
碓井淳、坂口友規、一杉卓磨、勝部僚介、吉田博史、工藤壮志、神有香

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us