タカラベルモント「美容師・理容師という仕事のすばらしさを伝えたい」/BOVA2021

share

ブレーンが主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA2021」では、2021年2月3日まで作品を募集しています。プロ・アマ問わず、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする「一般公募部門」では11月6日、協賛企業からのオリエンテーションを実施しました。ここでは、そのダイジェストを紹介します。今回は、【タカラベルモント】の課題についてです。

 

ヘアサロンを支えて100周年

今回タカラベルモントが募集する動画は、ヘアサロンで「人生が変わる瞬間」を描いた動画です。

当社は、ヘアサロンへ向けて、プロユースの理美容機器や頭髪化粧品(シャンプーやカラー剤など)を製造・販売しているメーカーです。1921年に創業し、2021年で100周年を迎えます。長きにわたり、ヘアサロンを機器やサービス、教育などトータルで支え、その先にいる生活者のより豊かな“美しい人生”を叶えるお手伝いをしています。

ヘアサロン業界では、労働環境の厳しさから、残念ながら早期の離職率が高く、全国的に人材不足が年々深刻化。当社でも、スタッフの負担軽減と高いお客さま満足を同時に叶えるサロンづくりの提案を推進しています。

その一方で仕事にやりがいを感じている人が多い魅力的な仕事だというのも事実です。お客さまにとっても、ヘアサロンは髪を切るだけでなく「自分に自信がつく」「日常の活力になる」といった魅力的な場所の1つとなっています。

このように、髪を通して人の心にまで触れることができる美容・理容の魅力やエネルギーが伝わる動画を通して、ヘアサロン業界の更なる発展を目指したいと考えています。

美容師・理容師ならではの魅力を伝えたい

今回募集する動画のターゲットは、美容師・理容師の方々。皆さんに期待するのは、「ヘアサロンをきっかけとした消費者の心や環境の変化を描いた動画」です。動画を視聴した美容師・理容師さんたちが、自身の仕事の意義を再認識し、ひいてはモチベーションアップにもつながるような内容を望んでいます。

動画の使用に関しては、自社ホームページや各種SNS、全国19カ所にあるショールーム、理容師・美容師が参加する各種イベントなどを予定しています。

また当社が開催する美の国際祭典「TWBC2021」にて美容師・理容師に投票してもらう動画コンテストを開催します。

動画を制作する上での注意点としては、動画の最初と最後に「タカラベルモント」のロゴを必ず入れてください。尚、動画の中に必ずしもヘアサロン内のシーンを入れる必要はありません。

また、当社のプロモーションとして広く活用させていただくにあたり、動画内に写っている製品はタカラベルモント製であることを基本とします。動画内に他社製品の一部や、背景内にぼやけて写っている場合などは問題ありませんが、はっきりと他社製品が特定されることがないよう、ご配慮をお願いします。

最後に「空間」「機器」「化粧品」の貸し出しについてのご案内です。大阪・東京のショールームではヘアサロンをイメージした空間展示を行っています。ヘアサロン空間の撮影場所にお悩みの際は、ぜひご相談ください。

撮影するヘアサロンにディスプレイするための化粧品、映り込む機器などについては、一部貸し出しします。ご検討の方は、BOVA運営事務局(bova@sendenkaigi.com)までお問い合わせください。

たくさんのご応募をお待ちしております。

タカラベルモントの募集内容の詳細はこちら
BOVA2021一般公募部門の詳細・ご応募はこちら

Follow Us