東急リバブル お客様第一主義を体現!「リバブル、いいかも。」と思ってもらえる動画を募集」/BOVA2021

share

ブレーンが主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA2021」では、2021年2月3日まで作品を募集しています。プロ・アマ問わず、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする「一般公募部門」では11月6日、協賛企業からのオリエンテーションを実施しました。ここでは、そのダイジェストを紹介します。今回は、【東急リバブル】の課題についてです。

東急リバブル
「リバブル、いいかも」と思える動画

 

「お客様第一主義」で築いた信頼感

今回、募集するのは「リバブル、いいかも。」と思っていただけるような動画です。

東急リバブルは、6つの事業を展開する東急不動産ホールディングスのひとつ。メインの事業はテレビCMでもおなじみの不動産売買、賃貸仲介事業です。全国に198カ所のネットワークを持ち、海外での事業展開も行っています。

そのほかにも不動産ソリューション、新築販売受託、不動産販売、海外事業・不動産小口投資等といった多様なビジネスを手がけています。

東急リバブルの強みは、”お客様第一主義”であること。口コミで商品・会社を選ぶという世の中の当たり前を、不動産仲介にも導入するべく、お客様アンケートのリアルな内容を随時ホームページで公開しています。お褒めの言葉はもちろん、厳しいご指摘もそのまま公開することで、さらなるサービスの向上につなげる体制が整っています。

その結果、今では94%ものお客さまから高い評価をいただくまでになり、今度はそれをご覧になった方が東急リバブルを選んでくださるというサイクルも生まれています。

内容を見ると、特に担当者の接客態度に高い評価をいただいています。言葉遣いの丁寧さや、細やかな事前連絡など、誠実な姿勢で安心感をお届けできていることがわかっていただけると思います。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言後はオンライン接客も導入しました。ご自宅にいながら当社の営業担当と各種ご相談を行っていただける体制を整えています。

東急リバブルのサービスとして特徴的なのが、「リバブル安心仲介保証」です。これは、専門検査員が建物検査を実施し、引き渡し後に最長2年間の間、補修費用を保障するというものです。

お客様の声では、売る側にとっては物件の価値を高めることが期待でき、買う側にとっては物件の確かさを保証してくれるところが良いという評価をいただいております。

狙いはより広範囲の新規開拓

これまでターゲットにしてきたのは、40代以上の持ち家層でした。彼らに対しては主にテレビCMやYouTube広告を行ってきました。今回はコミュニケーションチャネルの拡大が目的です。従来のターゲットにとらわれない新規開拓を目標に、幅広い表現を楽しみにしています。

今回応募いただいた動画は、SNSで使用することを想定しています。当社のホームページやYouTube、Facebook、Instagramなどで配信を行う予定です。特に優れた動画は、広告での運用も検討しています。

制作上の留意点はふたつ。

①動画の最後にストーリーとは別に「東急リバブル」のロゴを入れてください。
②プロモーションツールを含めて当社CMに出演するタレントが動画内に映り込まないようお気をつけください。

取り上げていただく事業内容で評価が変わることはありませんが、同業他社を批判することがないようにしてください。また、撮影場所として物件の利用をお考えの際は、空きに応じてご用意できますので、BOVA運営事務局(bova@sendenkaigi.com)までお問い合わせください。

貸出予定物件 モデルルーム

それでは、みなさんのご応募をお待ちしています。

東急リバブルの募集内容の詳細はこちら
BOVA2021一般公募部門の詳細・ご応募はこちら

Follow Us