「未来より先に動け。」、宅急便を発明したヤマトの「宅急便を超える」挑戦を描く企業広告

share

ヤマトホールディングスは、11月24日から新しい企業CMを開始。それに合わせて、同社が目指す「次の運び方」を紹介する特設サイトをオープンした。

CMでは名曲「見上げてごらん、夜の星を」をバックに、ある3人のなにげない日常が描かれている。高齢の女性は自宅から薬局に処方箋を送り、宅配で処方薬を受け取る。仕事帰りにいつものカフェに立ち寄った女性は、そのカウンターで自分宛の荷物を受け取る。赤ちゃんをようやく寝かしつけた新米パパは、チャイムを鳴らさないでほしいと宅配の担当者にメールを送る。すると、担当者はドアの前にそっと荷物を置いていく。

TVCM「おばあさんと処方薬」篇|デジタルプラットフォーム

 

TVCM「いつものカフェ」篇|ライフスタイルフィット

 

TVCM「新米パパ」篇|リアルタイムコミュニケーション

2021年4月にグループの経営体制の再編を図る同社は、特設サイトで時代の先をゆく「次の運び方」をつくり、世の中を動かし続けることをミッションとして掲げている。CMでは、こうした取り組みによって生み出される新しいライフスタイルを、3つのシーンで描いた。

「かつて、宅急便を開発したヤマト。その歴史は、新しい運び方をつくる歴史でした。

時代が大きな節目を迎える今、これまで培ってきた力にデジタルを掛け合わせ、時代を先回りする「次の運び方」をつくること。2021年の変革に向けて、具体的な一歩を踏み出す宣言としてのテレビCMです」と、企画を手がけた電通 コピーライター 小川祐人さん。

この企業広告のテーマでもあるキャッチフレーズは、「未来より先に動け。」。

「未来は待っているものではなく、自らつくり出すべきものである。単なる掛け声で終わらせず、一人ひとりが具体的な行動で示すべきものである。「未来より先に動け。」というコピーには、そんな想いが込められています。

あらゆることが一瞬で変わる世の中で。大切なのは、未来を過信しすぎることなく、主導権を握ることだと思います。未知の将来に対し、恐れず向き合うことで時代の変化を味方につけていく。その合言葉として、「運ぶ」ではなく「動く」という動詞を使用しました」。

それぞれの映像で描いたのは、同社が叶えたい「少し先の世界」。生活と遠い突飛な技術ではなく、すべての人が共有できる「うれしさ」として追体験できるような、リアリティと温度感を意識したという。

「宅急便を発明したヤマトの、宅急便を超える挑戦です」(小川さん)。

本サイトではCM以外にも、これらの取り組みについて紹介する動画を今後順次公開していく。

スタッフリスト

企画制作
電通+エンジンフィルム
CD
吉川隼太
C+企画
小川祐人、三浦麻衣
コミュニケーション・プランナー
秋山貴都
AD
瀧澤章太郎
AE
二谷哲史、佐野知香子、佐藤美優
CPR
栗川愛子
PR
柴原大樹、田畑泰一郎
PM
中野舞子、キム テファン、長澤音
演出
渡邊哲
撮影
光岡兵庫
照明
岩渕隆斗
美術
井上健吾
ST
釘宮一彰
HM
木村一真
CAS
ヤマウチトモカズ、ニシムラカズユキ
CO
小山祐司
CG
Juice
音楽
藤見田門、照井淳也
編集
栃澤孝至(オフライン)、加藤才弘(オンライン)
カラリスト
石山将弘
MIX+MA
品川大

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us