ドラえもん愛蔵版がSNS上で話題「#100年ドラえもん」

share

小学館が連載開始50周年を記念し、12月1日発売を開始した『ドラえもん』豪華愛蔵版 全45巻セット「100年ドラえもん」は最終受注数1万1751セットを記録した。

『ドラえもん』豪華愛蔵版 全45巻セット「100年ドラえもん」。

発売日の12月1日は『ドラえもん』の連載開始日であり、藤子・F・不二雄先生の誕生日でもある。SNS上ではセットを受け取った読者らによる「100年ドラえもん開封の儀」が行われ、「#100年ドラえもん」のハッシュタグとともに賑わいを見せている。

本書は100年先、ドラえもんが誕生する22世紀まで『ドラえもん』を残したいという思いから、経年劣化を極力軽減することを意識。また、コミックス全45冊に加え、『ドラえもん』0巻豪華版、カラー“幻”画集『ドラ絵もん』などの特典が付いてくることで話題を呼んだ。

『ドラえもん』出版史上初となる全巻ハードカバー・布クロス装にシルクスクリーン印刷を施した仕様。

コミックスは特典のひとつでもある「タイムふろしき」で包装。

今後の50周年の取り組みについて、小学館ドラえもんルーム編集長/「100年ドラえもん」編集チーフの徳山雅記氏は、「SNS上の皆さまの投稿やアンケートでの感想も、ありがたく拝見しています。今後もドラえもんの魅力を伝える様々な企画を考えて参りますので、楽しみにお待ちください」とコメントした。

Follow Us