日本の美意識を表現し優れた技法のプロダクトを表彰する「日本和文化グランプリ」が、1月末まで作品を募集

share

日本和文化振興プロジェクトでは、国籍居住地問わず、和文化に携わる国内の企業・団体・個人を対象に、日本が誇る優れた作品を顕彰するアワード「日本和文化グランプリ」の作品を募集している。

同プロジェクトは、2020年5月に各分野の企業、協会、自治体が協業し、持続可能な日本の伝統文化発展の仕組みを構築・確立するために設立。元文化庁長官の近藤誠一氏が代表理事を、副代表理事をユナイテッドアローズ名誉会長 重松理氏、伊場仙14代目当主 吉田誠男氏が務めている。

本アワードで募集するのは、日本の美意識を表現し優れた技法を駆使したプロダクト。応募対象となるのは、未発表のもの、又は、過去1年以内に発売・発表済のもの。(令和1年8月以降に発売、発表のものであれば可)。服飾/和小物/染物/テキスタイル/金属/漆/陶磁器/木工/竹工芸/ガラス/リビングダイニン グ/インテリア/アート作品/建築といったジャンルに該当するものとなる。本年度の募集テーマは、「伝統と未来」。

応募資格は、和文化の活動に従事している全ての法人・団体・個人(国籍在住地を問わず)で、50才未満(国籍・居住地問わず。国内外において活躍される外国人も含む)の人。

アワードの審査には、シャネル合同会社 会長リシャールコラス氏や、モデルの秋元梢氏など、各界で活躍する18名があたる。

本アワードでは、該当業界内の序列や慣習に縛られない選考を試みる。審査基準は、下記の通り。

・伝統的な和文化を継承しつつ、次世代に向けたメッセージ性を有している
・優れた技術、技法、思想を有している。
・現代のライフスタイルにあった使い方を提案している
・未来の伝統に繋がる現代の高い技術やアートワーク

和文化の次世代の担い手である職人・アーティストにスポットを充てることを重視しており、選考されたものが実際に認知され、受賞者の飛躍に繋がる仕組みづくりを構築していく考えだ。

グランプリ・最優秀賞1点には、副賞として50万円を授与。日本服飾文化振興財団のセミナールームでの、展示商談会の無料開催、ファッション・工芸・アート分野の各大手会社への、推薦並びに窓口紹介、羽田空港や同社の店舗(原宿)などでの展示、販売スペース提供、その他セレクトショップでのPOPUPショップ等、販路拡大についてもサポートしていく。

応募締切は、2021年1月末。詳細は、同アワードサイトにて公開されている。

日本和文化グランプリ審査員。審査委員長は、東京藝術大学参与 名誉教授 /漆芸家/日展理事である三田村有純氏。

Follow Us