「すべての1歩に、感謝を込めて」、サントリーBOSSが「忘れられない2020年」にメッセージ映像を公開

share

サントリー食品インターナショナルは、12月23日にSUNTORY BOSSのメッセージ広告「BOSS 365 STEPS」を公開した。

 
映像は、「2020年は忘れられない1年、365日でした」というモノローグから始まる。主役は、伊藤紗莉演じる新米看護師。慣れない仕事、刻々と変わるコロナの状況下での不安、家族や恋人とのやりとり…そんな日常が映しだされていく。

「コロナの状況が日々変わるなかスタッフ・クライアントと丁寧に取材と議論を重ねて今の私たちに必要なものをあらためて見つめてひとつの映像をつくりあげました」と、企画を手がけた電通クリエイティブディレクター 高崎卓馬さん。

「BOSSは『働く人の相棒』という大きなコンセプトをもったブランドで、それに従うように企画をしていきました。2020年という特別な年で、本当にみんなが特別な状況のなかで働いてきたと思います。そのすべての1歩に感謝をこめて、その感謝をできるだけ丁寧に伝えたいと思ってつくりました」。

シンガーソングライター 中村佳穂さんが歌う「365歩のマーチ」と共に、DAY12、DAY20、DAY31…と進む新米看護師の日々の物語。そこに、いま医療現場の最前線で働く人々を記録した映像が重ねられていく。この映像では、伊藤さんが演じるドラマと医療現場で撮影したドキュメンタリーを一つの映像としてまとめている。

「今年の出来事はどうしてもフィクションだけで語ってはいけない感じがあって、会話を重ねていくなかでドラマとフィクションのハイブリッドというアイデアが山田智和監督から出てきました。ドキュメントのパートは取材も、自撮りもふくめて作っていきました。シナリオの取材時に医療従事者の皆さんが自分たちの日々にスポットライトがあたるのはとてもうれしいとおっしゃっていただいて、それがエネルギーになりました。状況と丁寧に並走しながらクライアントもスタッフも一丸となって、なかなかできない経験でした」。

1年を通して少し成長した新米看護師が最後につぶやくのは、「1日は、1歩だ。1日は、1歩だから」。

「『365歩のマーチ』を中村さんが歌ったときに、どうしてもこの歌にこめられた思いをもういちど言葉にしたくて、『1日は、1歩だから。』というコピーを最後にいれました。前をむく気持ちは、足下から生まれる。そんなことを考えていました」。

最後に登場するおなじみのBOSSのロゴマークには、「すべての1歩に、感謝を。」というメッセージが添えられている。

スタッフリスト

企画制作
サントリーコミュニケーションズ+電通+ギークピクチュアズ/ギークパーク
CD
高上晋
CD+企画
高崎卓馬
BPr
岩橋應
Pr
小澤祐治
PM
佐藤洋輔、若林砂永里
演出
山田智和
撮影
近藤哲也
照明
溝口知
美術
田中真紗美
STY
高橋エイジ
HM
岡崎愛子
ドキュメンタリーDir
島越翔平
CAS
元川益暢、吉川威史
編集
佐々木サチ(オフライン)、遠藤俊介(オンライン)
MA+ミキサー
吉川貴人
音楽
山田勝也
歌唱+ピアノ演奏+編曲
中村佳穂
サックス演奏
啓太郎
ロケーションCRD
池田健一
医療監修
宮澤知子、長尾夢香
協力
キャピタルメディカ

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

 

Follow Us