メルペイが求めるのは 強い想いでミッションの実現に向けて疾走できるPRパーソン

share

個人間で物の売り買いができるフリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」を提供するメルペイ。利用者数は2020年10月時点で800万人を突破するなど、「メルカリ」のサービス利用者を中心に拡大している。サービスを世の中に広めていくうえで「PR」を重視しているという同社が、求めるPRパーソンとは。

宮本祐一(みやもと・ゆういち)
メルペイ
PRチーム マネージャー

2019年1月よりメルペイに入社し、スマホ決済サービス「メルペイ」の立ち上げとしてメルペイカンファレンスの企画・運営を担当。その後、各種キャンペーンの発信、加盟店への「メルペイ」導入の最大化、各種業務提携発表などPR業務全般に従事。

「なめらかな社会の実現」を目指して

—はじめに、メルペイの事業と描いている成長戦略についてお聞かせください。

メルペイのミッションは、「信用を創造して、なめらかな社会を創る」です。成長戦略を描くうえで、何よりもこのミッションを大切にしています。

「メルペイ」自体はひとつの決済サービスですが、ほかのキャッシュレス決済サービスと異なるのは、「メルカリ」のサービスが付随していること。自宅にある不要になったモノを「メルカリ」で売り、そこで得た売上金を、「メルペイ」で別の買い物に使ったり誰かに送ったりできるということです。つまり、金銭的価値を持たなかったモノを価値に換えて世の中で使えるようにすることができる。このことを前提に、メルカリとともに“なめらかな社会”を実現するために事業を展開しています。

キャッシュレス決済はここ2年ほどで急速に普及し、都市部ではインフラとも言えるほどに成熟してきました。今後もあらゆる場所で利用できるように加盟店を広げていきますが、一方で、現在は次のステップへの移行期でもあります。「メルカリ」や「メルペイ」における過去の利用実績を元に「信用」がつくられ、利用限度枠が決まる「メルペイスマート払い」の提供や、先日リリースした資産運用サービス「Funds」での「メルカリ サステナビリティファンド」のように、決済以外の金融サービスも拡大していきたいと考えています。

そうすることで、クレジットカードを持たない若年層など、今まで金融サービスの恩恵が受けにくかった方にも金融の便益を届け、ゆくゆくは“なめらかな社会”をつくっていくことを目指しています。

ミッションの実現に向けてPR戦略を構築

—現在のPR体制は。

メルペイのPRチームは現在、私のほかメルカリと兼務する1人の合計2名体制です。ミッションの実現に向けて疾走しながら、あらゆる事業アクションをPR戦略づくりから一緒にやっていただける、まさに即戦力の方を探しているところです。

—PRチームに求められていることは。

メルカリグループ代表の山田進太郎は常々、当グループは「社会にとって必要不可欠な存在になる」と言っています。グループ全体が一定の規模になってきたことで、社会的に果たすべき責任も広がってきていると感じています。

そのためPRには、より世の中の人が信頼できたり、身近に感じてもらえたりするメッセージを発信していくことが求められています。メルペイも今後、決済以外の金融サービスを展開していく予定ですので、これまで以上にこういったスキルが求められていくでしょう。

私自身は、「世の中から近寄りがたい存在のように思われている金融サービスを、もっと身近に感じてもらいたい」という思いを持って約2年前に中途で入社しました。同じように、「金融を変えたい」「ミッションに深く共感する」といった想いの強い方と、ぜひ一緒に働きたいと考えています。

2021年はコーポレートミッションに立ち戻る

—“なめらかな社会”を実現させるための、PR戦略について教えてください。

一般的なPR活動は、会社が決定したアクションをどういった方法で対外的に発信していくかを考え、プレスリリースや記者会見を行っていくものだと思います。一方でメルカリグループのPR活動は、メルカリグループが今世の中からどう見られているのか、それを踏まえ、どうすれば世の中に伝わりやすくできるかのストーリーづくりに時間を費やしています。経営層によるPRチームへの期待値も非常に高く、ストーリーづくりも経営に近い視点が求められます。難易度も高いですが、その分、チャレンジングなアクションでも実現しやすい土壌が整っています。

これまでは世の中の流れとして「キャッシュレス決済」に追い風が吹いていましたので、その中でメルペイの特長を知ってもらえるようなPR施策を行ってきましたが、現在は業界が成熟すると同時に話題としても落ち着いてきています。

そういった状況のなかで、我々メルペイPRチームとしては、改めてコーポレートミッションである「信用を創造して、なめらかな社会を創る」に立ち戻り、今後展開を予定している様々な事業・サービスを通じて、メルペイの実現したい世界観を発信していきたいと考えています。

2020年は新しい機能・プロダクトリリースが多くありましたが、2021年は、サービスを開始した2019年のように、メルペイが実現したいストーリーをもう一度世の中に発信していく機会が増えていくと思います。

社内をつなぐプロジェクトマネジメント力も必要

—その戦略を実践していくPRパーソンとして、メルペイが求めているのはどのような方でしょうか。

想いが強い方ですね。メルカリグループは、ミッションの実現に向かいながら社会の状況に応じて、臨機応変に変化をしていく会社なので、中長期的なブランドストーリーを発信しながらも、短期的な足元のプロダクトリリースや事業の動きを数多く発信しています。ですので、急激な変化の中でも、最終的に目指す方向をしっかりと見据えて仕事ができる、想いの強さが重要なのです。

業務スキルとしては、プロジェクトマネジメント力を持った方を求めています。メルカリグループでは、PRチームだけでなく、社内の全チームがそれぞれのアプトプットに向かって全力疾走しています。その中でPRは、ハブとして各チームをつなぎ、ブランドとしてのストーリーがうまくつながっていくように調整する役割を担っています。

メルペイのPRチームは、会社の世界観の発信から、加盟店に向けたtoBの発信、お客さまに向けたtoCの発信、他業種との協業の発信まで、すべての分野に携わることができます。経営陣との距離も非常に近く、2021年は特にゼロからアクションを起こしていく機会も増えると思います。

社内には各分野のプロフェッショナルが多くいるので、日々たくさんの学びもあります。そういった環境を望む方にとってはすごくワクワクしていただけると思いますし、私たちもそういった方にぜひ来ていただきたいと思っています。



株式会社メルカリ
〒106-6118
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
URL:https://about.mercari.com/contact/
求人リンク:https://mercari.wd3.myworkdayjobs.com/ja-JP/mercari_external/job/PR-Specialist–Merpay-_JR-000000093
 

Follow Us