板チョコに迷路?明治「チョコレート大作戦」で18種の限定パッケージ

share

明治は2021年のバレンタインシーズンに合わせ、1926年発売の「明治ミルクチョコレート」など9品18種の限定デザインパッケージを展開中だ。“おうち時間”にチョコレートを取り入れようと呼びかけるキャンペーン「チョコレート大作戦」(2020年7月~)の一環で、なぞなぞや迷路、あみだくじなど、ステイホームが続く中で楽しめる内容とした。

明治ミルクチョコレート「超難関迷路から1分以内に脱出しよう!」。

限定パッケージの展開は2019年に始まり、今回で3回目。過去2回は50種を発売したが、今回は「集める」だけでなく「遊べる」ことに重点を置いた。いずれもパッケージの左上には、限定デザインで楽しめるミッションが記されている。「超難関迷路から1分以内に脱出しよう!」「家族でミルチ体操に挑戦せよ!」「パッケージに描かれた絵で、物語をつくりだせ。」「ここにある数字を1分以内で足し算しよう!」など、想像力を働かせつつ遊べる仕掛けだ。

明治ミルクチョコレート「パッケージに描かれた絵で、物語をつくりだせ。」。

明治ハイミルクチョコレート「パッケージに犬は何匹隠れてる?」。

明治ブラックチョコレート「パッケージに描かれた絵で、物語をつくりだせ。」。

明治ミルクチョコレートBOX「ハートが詰まった箱、見つけてラッキー!」。

明治ハイミルクチョコレートBOX「ハートをくわえた鳥に出会えたらハッピー!」。

デザインのアイデアは電通チームと明治 カカオマーケティング部 木原純氏、商品開発部 松岡真季氏、明治アドエージェンシー デザイン企画部 南理悦子氏が考案した。木原氏によると、18種のパッケージは自由度がありながらも一定の制約のもとデザインされている。「たとえば中央のmeijiロゴにイラストが重なるのはOKですが、左下の小さいmeijiロゴはそのまま活かすよう統一しています」。

過去2回のパッケージと異なるのは、「チョコレート大作戦」の「おうち時間をハッピー&スイートに」というメッセージを推進するキャラクター「モグモグ団」の存在だ。

「カカ夫、ベター(クマ)、ミルコ(リス)がミッションを投げかけ、親しみを感じてもらえたらと考えました。デザインになじむよう、キャラクターの色使いはゴールド・白・セピア・赤の4色に。また『チョコレート大作戦』のロゴとタグラインを必ず入れています。中面にもプロジェクトに込められた思いを4行にわたるステートメントとして記しました」(木原氏)。

中面にも複数のバージョンのイラスト、メッセージが。下部に「チョコレート大作戦」のステートメントを記載。

ちなみに木原氏のおすすめは「迷路」と「猫を数える」のパッケージ。「迷路は30秒で解く想定でしたが、社員に『難しい』と言われ、1分にしました(笑)。ぜひ手に取って、挑戦してみてほしいです」。

スタッフリスト

企画制作
電通+アドブレーン
GCD
高橋秀明
CD+C
渡辺潤平
C
阿部友紀
企画
諏訪徹
AD
小島義広、高橋万実子
D
長谷康平

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us