3年後には日本でブレイク必至?! 米国で活況のCTV広告を実現する「TVBridge」

share

SMNは、「Logicad」をはじめ、アドテクノロジーのプラットフォームなどを提供している。本講演では同社の執行役員 谷本氏と事業推進室の黒澤氏が登壇した。

SMNが現在注目しているのが、米国で活況のコネクティッドテレビ広告(CTV広告)だ。

CTVとはインターネットに接続されたテレビのこと。CTV広告はCTV向けに配信される広告で米国では2020年4月現在、全世帯の約50%にあたる6980万世帯にCTVが普及。2023年まで平均20%の成長が見込まれている。

一方、日本の市場規模は2020年度102億円(予測)と小さいが、今後伸びるのは必至で、2024年には市場規模が500億円を超えるとみられている(SMN/デジタルインファクト調べ)。

(左から)ネクスジェンデジタル 代表取締役 兼 SMN アドテクノロジー事業 執行役員 谷本秀吉氏、SMN事業推進室 シニアプランナー 黒澤菜奈子氏。

同社の黒澤氏は、「Webに強い会社としてテレビとWebを連携させることに有用性を感じていた」と話し、テレビとWebをつなぎ相乗効果を生み出す「TVBridge(ConnectedTV Data Bridge)」を紹介した。

「TVBridge」は、ソニー、パナソニック、シャープ、東芝映像ソリューションの視聴データをSMNに集約することで実現したサービス。データ量は、約500万台のテレビ、約500万IDのモバイル広告、約2100万UBと同等。特定のテレビ番組やCMの視聴データを「TVBridge Ads」に集約し、視聴した世帯・未視聴世帯でセグメントしたデジタル広告を配信する。

例えば、冷凍食品のテレビCMを視聴した世帯には利用シーンを訴求するデジタル広告で購買を想起させ、未視聴の世帯にはテレビCMと同じクリエイティブで商品認知を図るというものだ。

デジタル広告配信後は分析ツール「VALIS-Cockpit」でテレビ視聴ユーザーのデジタルメディア広告接触による態度変容を可視化する。

両者は「CMとWebメディア、双方の広告効果の最大化に貢献していきたい」と語った。


お問い合わせ
SMN 株式会社

〒141-0032
東京都品川区大崎2111 大崎ウィズタワー12階
TEL:03-5435-7937
MAIL:tvbridge_info@sonetmedia.jp
URL:https://tv-bridge.com/

Follow Us