島根県「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね。」山陰広告賞グランプリに

share

山陰広告協会が主催する「山陰広告賞2021」の審査会が2月16日に松江市内で行われ、グランプリをはじめとする各賞が選出された。7部門162点の応募があり、グランプリには、島根県が2020年4月29日付の山陰中央新報朝刊に掲載した15段の新聞広告が選ばれている。

グランプリを受賞した島根県が2020年4月29日付の山陰中央新報朝刊に掲載した15段の新聞広告。(左から)出雲版、石見版。

グランプリの島根県の新聞広告では、出雲弁で「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね。」、そして石見弁で「早く会いたいけぇ、今は帰らんでいいけぇね。」とエリアごとに異なるコピーを用いた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、大型連休中の外出自粛を呼びかける新聞広告であり、便箋に見立てた背景や、手書きのあたたかみのあるメッセージとなっている。

受賞作品の一覧は、次の通り。

受賞作品(かっこ内は広告主、制作者の順)
 

グランプリ

「早く会いたいけん、今は帰らんでいいけんね。早く会いたいけぇ、今は帰らんでいいけぇね。」(島根県/山陰中央新報社、エードット島根支社)
 

新聞/雑誌広告

金賞:「高校3年生の君たちへ」(島根県/山陰中央新報社、パリティクラブ)
銀賞:「大切な方へ」(お盆メッセージ)ラッピング(島根県、ふるさと島根定住財団/山陰中央新報社、あしたの為のDesign)
銅賞:「Think local.」(島根県、川本町/山陰中央新報社、あしたの為のDesign、TKWORKS)
 

テレビCM

金賞:「もう普通のバスじゃ我慢できない」篇(はつみ交通/山陰中央テレビジョン放送、山陰ビデオクラフト)
銀賞:海岸漂着物発生抑制対策広報30秒テレビCM「海岸戦士美化ブルー」(鳥取県県土整備部河川課/シセイ堂デザイン)
銅賞:「島根で働きたい」(LPCグループ/バリューエージェンシー)
 

ラジオCM

金賞:「水木彩也子のFRIDAY×FRIDAY」内 ラジオドラマ/タイトル「私たちの幸せ」(農協観光島根支店/エフエム山陰)
銀賞:青谷高校「サーフィン」篇、倉吉農業高校「実習」篇、日野高校「なれる」篇(鳥取県教育委員会高等学校課/エフエム山陰、エフエム東京
銅賞:ラジコキャンペーン「シーン①」編(エフエム山陰/エフエム山陰)
 

ポスター

金賞:「鳥取来楽暮」ポスター(ふるさと鳥取県定住機構/シセイ堂デザイン)
銀賞:「ぐるっと松江堀川めぐり堀川遊覧船」(松江市観光振興公社/エードット島根支社)
銅賞:「宍道湖SUNSET PARK」(ちいきおこし/グレイスデザイン)
 

パンフレット

金賞:日本遺産「日本海の風が生んだ絶景と秘境」(鳥取市文化交流課 日本遺産「麒麟のまち」推進協議会/シセイ堂デザイン)
銀賞:「木次線沿線案内」(木次線利活用推進協議会/アエラ地域文化デザイン室)
銅賞:「島根リハビリテーション学院案内2021」(仁多学園島根リハビリテーション学院/広告通信社山陰支店)
 

SP/アーバンアド

金賞:エフエム山陰CI「オープン・ラジオ・ステーション」。(エフエム山陰/エフエム山陰、ノード)
銀賞:御朱印帳専門店しるべオリジナル「出雲國御朱印帳」(秀玉堂/御朱印帳専門店しるべ、松陽デザインラボ)
銅賞:「後鳥羽院遷幸八百年ロゴマーク」(後鳥羽院顕彰事業実行委員会/ミナミデザイン)
 

複合

金賞:「なかむらりょかんプロモーション」(なかむらりょかん/なかむらりょかん)
銀賞:「出雲民藝紙工房 安部榮四郎記念館」Webサイト(出雲民藝紙工房、安部榮四郎記念館/松陽デザインラボ)
銅賞:「過疎 NO.001 SO WHAT?」(SakeLabo暢ぺ/益田工房)
 

クリエーター特別賞

エフエム山陰
 

審査員特別賞

「奥出雲たたらブランド プロモーションビデオ」(奥出雲町役場地域づくり推進課/広告通信社山陰支店)
「3Dカレンダー」(ペーパーワールド、電算企画/sengoku design)

Follow Us