松本弦人『日本国憲法』がグランプリ、「東京TDC賞2021」受賞・ノミネート作品展始まる

share

文字の視覚表現を軸にしたグラフィックデザインの国際賞「東京TDC賞2021」。本年度は3750作品(国内:1947作品、海外1803作品)の中から、グランプリ1点、TDC賞ほか11点が選出された。その受賞作品とノミネート作品122作品を展示する「TDC展」が、4月1日から東京・銀座 ギンザ・グラフィックギャラリーで始まる。

本年度のグランプリは、松本弦人氏が編集、装丁、造本を手がけた書籍『日本国憲法』(TAC出版)。条文そのものを構成の骨格とし、一つひとつの条文に戦後の美術作品を選出、それを見開きで見せている。デザインは、縦組和文と横組英文の混在に加え、単語の横にはルビとともに注釈が付く仕様になっている。

受賞にあたり、松本氏は次のようにコメントしている。

「今年の賞は「コロナ禍での受賞」です。
人々が、社会/生活/身体を、これまで持ちえなかった視座から見つめなおし、社会/生活/身体が、国家と密接であるという当たり前のことを強く意識させられました。
憲法条文と憲法施行下の戦後日本美術を素材にデザイン/構成を主軸に編集された『日本国憲法』は、表立っては国家と表現を扱っていますが、そもそも条文と掲載作品にはそこに添わざるを得ない生活が扱われています。
デザインは生活です。
誰かに「新しい生活様式」と言われるまでもなく、日々移り変わる生活を、全方位から補ったり増幅したり挑発したりするのがデザインです。
その生活が完全に変容した最初の年の賞は、これからの生活=デザインの礎になる。そんな態度をTDCは示したのではないでしょうか。
であるならば、さらに光栄な受賞でした」

各受賞作品は以下の通り。

また、4月3日18時から毎年恒例のデザインフォーラム「TDCDAY 2021」をYouTubeでオンライン配信。受賞者12組が受賞作品を中心に10分~20分という時間枠のなかで密度の高いトークを繰り広げる。

グランプリ

松本弦人「日本国憲法」(TAC 出版)

 

ブックデザイン賞

OK-RM (Oliver Knight and Rory McGrath) [UK]「Gabriel Kuri: Sorted, Resorted」
(Wiels, Brussels publisher: Wiels and Koenig Books)

 

タイプデザイン賞

Jia Yang + Yichao Xu + Yin Qiu [China]「Coca-Cola Care Font」(Coca-Cola China)

 

RGB賞

飯沢未央+萩原俊矢+畑ユリエ「TRANS BOOKS DOWNLOADs」

 

TDC賞

M/M (Paris) [France]「Loewe show SS21」(Loewe)

 

Dafi Kühne [Switzerland]「The Dafi Kühne Printing Show™」(Non-Commercial Work)

 

川辺圭「CalorieMate to Programmer」(大塚製薬)

 

岡崎智弘「STUDY (teaser movie)」(Non-Commercial Work)

 

Henrik Kubel + Scott Williams [UK]「WEA」(Weekendavisen)

 

Liu Zhao + Zhan Huode + Weng Donghua [China]「Góng Mē—Cantonese Observation Exhibition」(Chaoji Wen He You)

 

特別賞

菊地敦己「佐賀町エキジビット・スペース 1983‒2000」(HeHe、群馬県立近代美術館)

 

服部一成「弘前れんが倉庫美術館」(弘前れんが倉庫美術館)

 

TDC 2021

開催期間:4月1日(木)〜5月29日(土)
場所:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
開館時間:11:00~19:00
休館:日曜・祝日
入場無料

Follow Us