ONE PIECEと出前アプリ「menu」がコラボ販促「行くぞ、大配達時代!」

share

menuが運営する出前アプリ「menu(メニュー)」は、4月19日からアニメ『ONE PIECE」とのコラボレーション企画「行くぞ、大配達時代!」をスタートした。4月19日発売の『週刊少年ジャンプ』の表4広告を皮切りに、テレビCMなどを展開中だ。

menu「ONE PIECE 登場」篇

各種フードデリバリーサービスが登場する中、アニメ「ONE PIECE」の舞台である「大航海時代」を彷彿とさせる「行くぞ、大配達時代!」というコピーが印象的だ。新キャンペーンではデリバリーを利用すると引くことができる「menuガチャ」を導入。ONE PIECEのグッズをプレゼントし、menuの利用促進を図る。

「大配達時代を勝ち抜くために。提供する食事はもちろん、オーダーする行為自体にも付加価値をつけることはできないかと、menu社が取り組む新たなチャレンジ『menuガチャ』。競合他社が有名タレントを起用したキャンペーンを仕掛ける中、この機能を最大限活かすべく、ノベルティまで一気通貫で展開しやすいコンテンツコラボレーションを核に展開しています。第1弾は、あの『ONE PIECE』とのコラボです」と電通 クリエーティブディレクター 加我俊介氏。

キャンペーンの皮切りとして展開したのは、『週刊少年ジャンプ』2021年4月19日号の表4広告だ。「コンテンツファンにしっかり届け、彼らを起点に話題拡散/評判形成を図るべく、熱量の高い『ONE PIECE』ファンが集う『週刊少年ジャンプ』の表4から広告展開をスタートしました」(加我氏)。

『週刊少年ジャンプ』2021年4月19日号の表4に掲載された広告。

22日からはテレビCMの放送を開始した。menu配達員が一軒の家に商品を届けに向かうと、建物の上の方から手が伸びてきて、「ありがとな!」とひと言。それは注文主の「ONE PIECE」の主人公、ルフィの手だった。「ONE PIECE」に登場するキャラクターたちがmenuでオーダーする様子を描くという内容だ。

キャンペーン期間中、menuを利用し2000円(税込)以上の食事をデリバリー注文するとONE PIECEグッズが当たる「menuガチャ」を引くことができる。クリアファイル(全19種)、トートバッグ(全2種)、缶バッジ(全20種)のいずれかの限定コラボレーショングッズをランダムでプレゼントするなど、アプリの利用促進に力を入れる。

「ルフィがワノ国でお玉に伝えた、『お前が毎日腹いっぱいメシ食える国にしてやる!!!』というセリフを思い出しながら、見ていただけるとありがたいです」(電通 クリエーティブディレクター 山本友和氏)。

限定コラボレーショングッズのクリアファイル(全19種)。
Ⓒ尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
限定コラボレーショングッズのトートバッグ(全2種)。
Ⓒ尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
限定コラボレーショングッズの缶バッジ(全20種)。
Ⓒ尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

スタッフリスト

企画制作
電通+太陽企画
CD
山本友和
コミュニケーションプランナー
加我俊介
C
三島邦彦、姉崎真歩
AD
本田新
コンテンツ
小杉純善、内藤有
CPr
鈴木夢乃
Pr
泉家亮太、松田一郎
PM
吉村佑馬、来嶋穂乃香、中口実咲、今村彩子
演出
柳沢翔
撮影
岡村良憲
照明
高倉進
美術
三ツ泉貴幸
編集
田端華子(オフライン)、佐々木賢一(オンライン)
CG
山内太、上田篤志、山藤真士
アニメーション
東映アニメーション
音楽
戸波和義
MA
佐藤雅之
SE
中村佳央
ST
酒井タケル
HM
古久保英人
CAS
海江田順子、森川祐介
ロケ地
三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller
AE
畑聡志、森垣佑太郎、樋口志麻
出演
福永拓海

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us