「サムライマック」新テレビCMで、堺雅人がエール “大人を楽しめ”

share

日本マクドナルドは、3年ぶりに登場する肉厚ビーフの新レギュラーバーガーとして、「サムライマック」と銘打った「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醬油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」を、4月7日から発売開始。それにともない、俳優の堺雅人を起用した新テレビCM「大人を楽しめ」篇の放映を、4月2日から開始した。

「大人を楽しめ」篇(60秒)

サムライマックは、“日本の大人が大満足できる和の味わいと、ボリュームたっぷりの肉厚ビーフの魅力を兼ね揃えた”ハンバーガー。日々、我慢や窮屈さを感じながらも懸命に生きる大人たちへ向けた、「やりたいことに挑戦する活力を与えるバーガー」という位置づけだ。

本CMは、そのコンセプトのもと、大人を代表するメッセンジャーとして堺さんが出演。「大人を楽しめ」というキャッチコピーを採用し、堺さんのナレーションとともに、様々な場面に挑戦する大人たちの姿を描いている。

CMの冒頭では、青空の下で、オフィスビルの屋上に立つ堺さんが「大人の皆さん、お疲れ様です」と語り始める。その後、会議に出席するビジネスパーソン、ラグビーの練習を見つめるビジネスパーソンらが映し出され、「無数の生き方がある時代に、正しい答えなんて一つもない。大事なのは何をやるかより、あなたが何をやりたいか」と、堺さんのナレーションが入る。その言葉で、ビジネスパーソンらは“解放”されたように、前向きな表情を見せ、それぞれのやりたいことに向かって一歩を踏み出す。

最後に堺さんが「さぁ、大人を楽しもう!」とエールを送り、ハンバーガーを豪快に頬張るカットが映し出されている。

同社は、「商品のシズルカットは、『炙り醤油風ソース』『本気の肉厚ビーフ』『8種の具材ベーコントマト』、それぞれの魅力を十二分に引き出したもの。商品のコンセプトにあわせて、これまでにない圧倒的な力強さと、登場感のあるシズルカットに挑戦した」とコメント。

「北田監督や制作スタッフの強いこだわりのもと、テレビCM全編にわたって、大人を楽しむためにやりたいことに挑戦するテレビCMになった」と続けた。

スタッフリスト

企画制作
電通+ビーコンコミュニケーションズ+太陽企画
CD
篠原誠
企画+C
大石タケシ
企画
福井康介
AD
古川朋亮
CPr
中谷瑞希
Pr
藤江一成、草柳正太
PM
蝦名優里耶、齋藤龍馬、森脇実、遠藤広隆
演出
北田一真
撮影
岡村良憲
照明
高倉進
美術
三ッ泉貴幸
編集
脇田祐介(オフライン)、萩原千尋(オンライン)
CG
早井亨
MA+MIX
綾城重理人
ST
高橋毅(堺)、山田直樹(他、ビジネスパーソン)
HM
稲垣亮弐(堺)、要海奈々(他、ビジネスパーソン)
CRD
渡邊一幸
フードST
左近充英子
仕掛け
福田典子
CAS
元川益暢、わたなべまこと
AE
京極純平、手島紗緒吏、高崎祥子
NA
shige
出演
堺雅人

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us