「火星への第一歩、その歴史的な映像はいくら?」コインチェックが新聞広告を出稿

share

コインチェックは5月26日、価値が付き難かったデジタルデータに価値をつけることができる「NFT(非代替性トークン)」の可能性を広く伝えることを目的とした「#HowMuch_NFT キャンペーン」を開始。同日付の日経新聞朝刊に新聞広告「火星への第一歩 #HowMuch_NFT」を出稿した。キャンペーンは6月11日まで。

近年、ブロックチェーンを応用したNFTによってデジタルコンテンツの価値が認められ、プロバスケットボールリーグのシュート動画が数千万円で取引されたり、NFTを利用したデジタルアートが数億円で落札されたりと、その市場は広がっている。こうした背景を踏まえ、新聞広告では「見るものを感動させ、時に勇気をも与えてくれる貴重な写真や映像が、あなただけのものになるとしたらいくらの値をつけますか?」と問いかけている。

5月26日付の日経新聞朝刊に出稿した広告。

同社によると、本キャンペーンのテーマは、「人類が初めて火星に到達した際の足跡のデジタルデータがNFTになった場合、どのような価格をつけるか」。同社の公式Twitterアカウント(@coincheckjp)をフォローしたうえで「#HowMuch_NFT」を付けて投稿した人の中から、抽選で50人にAmazonギフト券1000円分をプレゼントする。

2021年3月にNFTマーケットプレイスの提供を開始したマネックスグループに属するコインチェック。今後は、ブロックチェーンの技術を駆使したNFT市場を活性化させることで、デジタル社会における新しいインフラを構築していきたい、としている。

スタッフリスト

企画制作
フロンテッジ+DODO DESIGN
ECD
島田浩太郎
CD
村越豊
企画
河原敬士(デジタルプランナー)
C
鎌谷友大
AD
堂々穣
D
本間あや
CPr
松井徹
撮影
鈴木 崇史
美術
東宝映像美術
AE
樗澤省治、田重田有作、中田和幸

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us