守りだけでなく“攻めの文脈”での活用を提案する「Moat(モート) by Oracle」

share

世界100カ国以上のメディア、プラットフォームで利用されているデジタル広告支援システム群「Oracle Advertising」。そのサービス群のひとつ「Moat(モート) by Oracle」ではデジタル広告のパフォーマンスを分析し、広告予算の最適化を図る。

※月刊『宣伝会議』7月号(6月1日発売)では「「ネット広告の体験品質」課題と対策」と題し特集を組みました。ここでは、本誌に掲載した記事の一部を公開します。

守りだけでなく、攻めの文脈で活用が可能

オラクルが提供するアドベリフィケーションソリューション「Moat by Oracle(以下Moat)」は、「アドフラウド」「ビューアビリティ」「ブランドセーフティ」の三軸を指標とし、同社が保有する様々なシステムとの連携により、デジタルマーケティング全体の効率化を可能にする。

「Moat」の特徴は、まずビューアビリティについて多角的な計測が可能なことにある。広告が表示されているかどうかの「オンスクリーン時間」だけではなく、マウスオーバーの有無といった「インタラクション率」、音声付きで再生された「オーディブル率」、セグメント別のエンゲージメントといった、あらゆる形式のアテンションを計測。クリエイティブの注目度やキャンペーンの効果を分析することにより、広告予算の最適化とパフォーマンスの向上を図る。「不適切な掲載面を排除し、ブランドの安全性を担保するという“守り”だけではなく、ポジティブな“攻めの文脈”で使ってもらえることが最大の特徴」と、Oracle Advertisingのシニアアカウントマネージャー谷野百合佳氏は話す。

また、ブランドセーフティについては、その高い言語解析アルゴリズムを活用したページレベルでの解析が強みだ。「Moat」では、同社が提供するクッキーレスのコンテクスチュアルターゲティングシステム「Oracle Contextual Intelligence」と接続。キーワードではなくコンテキストに応じた、リアルタイム解析により、ブランド保護だけではなく、より効果的なターゲティングも行うことができる。

さらにアドフラウド対策では、1日に600億インプレッション、世界中の2200億のデータポイントをモニタリングし、不正トラフィックやbotをいち早く検出してブロックする。これらは、同社が従来から持つデータベース構築で培われたテクノロジーによるものだ。

現在こうしたソリューションはWeb上の広告に対して使用されるケースがほとんど。しかし、OTT(オーバーザトップ)やCTV(コネクテッドTV)が主流のグローバルでは、インターネットに接続されているPCやモバイル以外のデバイスにおいても、ブランド毀損や不正アクセスの問題はすでに発生している。

今後の日本国内での普及に併せた取り組みも見込んでいるという。

広告のレポート例。クリエイティブごとまたはページごとのビューアビリティ率や、非ビューアブルの要因が示される。

お問い合わせ
日本オラクル株式会社 Oracle Advertising

MAIL:odc-info_jp@oracle.com

Follow Us